Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

三井住友カードとNRIセキュア、加盟店向けセキュリティサービスを提供

20140410_ns_001.jpg

三井住友カードとNRIセキュアテクロノジーズは、加盟店のECサイトにおけるセキュリティ向上を支援する「加盟店ウェブサイト向けセキュリティサービス」を提供開始した。

同サービスは、加盟店におけるクレジットカード情報のセキュリティ対策を支援するもので、両社にて共同で開発、NRIセキュアが提供する。

「PCI認定スキャニングベンダー(ASV)」であるNRIセキュアが、ECサイトに対して、クレジットカード業界の国際的なセキュリティ基準「PCI DSS」の準拠要件であるASVスキャンを年4回実施するサービスを提供。セキュリティ対策のレベルアップを支援する。

またASVスキャンを実施できる状況であるか、実際にスキャンする前に基礎的なセキュリティ状況を確認するサービスを用意。利用しやすい価格に設定し、加盟店限定で提供する。

さらにPCI DSS準拠を検討している加盟店に対し、PCI DSSの正しい理解を促すサービスを提供。審査を行う監査人を講師として派遣し、PCI DSSの詳しい解説や、アドバイスを行う勉強会を年2回開催する。

(Security NEXT - 2014/04/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2017年の個人情報漏洩は386件、想定損害賠償額は1914億円 - JNSAまとめ
ワールドカップ開催都市の公衆無線LAN、一部信頼性に疑問符
「W杯」便乗のサイバー攻撃に注意を - 選手の検索結果に危険が潜む場合も
2017年のフィッシング報告は前年から減少 - 誘導先URLは1.7倍に
旧サーバ内の個人情報最大9.2万人分が流出の可能性 - 森永乳業の通販サイト
「カードが虐待されている」? - セゾンカード装うフィッシング攻撃に注意
廃業した工具通販サイト、2017年にクレカ情報流出の可能性
コンタクトレンズ販売サイトでクレカ情報が流出、複数顧客で被害 - メニコン子会社
森永乳業の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
書き出しが「Appleをご利用いただきありがとうございますが、」のフィッシングメール