Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

三井住友カードとNRIセキュア、加盟店向けセキュリティサービスを提供

20140410_ns_001.jpg

三井住友カードとNRIセキュアテクロノジーズは、加盟店のECサイトにおけるセキュリティ向上を支援する「加盟店ウェブサイト向けセキュリティサービス」を提供開始した。

同サービスは、加盟店におけるクレジットカード情報のセキュリティ対策を支援するもので、両社にて共同で開発、NRIセキュアが提供する。

「PCI認定スキャニングベンダー(ASV)」であるNRIセキュアが、ECサイトに対して、クレジットカード業界の国際的なセキュリティ基準「PCI DSS」の準拠要件であるASVスキャンを年4回実施するサービスを提供。セキュリティ対策のレベルアップを支援する。

またASVスキャンを実施できる状況であるか、実際にスキャンする前に基礎的なセキュリティ状況を確認するサービスを用意。利用しやすい価格に設定し、加盟店限定で提供する。

さらにPCI DSS準拠を検討している加盟店に対し、PCI DSSの正しい理解を促すサービスを提供。審査を行う監査人を講師として派遣し、PCI DSSの詳しい解説や、アドバイスを行う勉強会を年2回開催する。

(Security NEXT - 2014/04/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「コード決済」のクレカ不正利用防止対策でガイドライン
Avast、プライバシー保護ブラウザに新版
「エコレオンラインショップ」で改ざん - クレカ情報を外部送信
寝台列車「ななつ星」通販サイトに不正アクセス - JR九州
中華食材の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
偽メルカリに注意 - 4月23日の「振込申請ルール変更」に便乗
2018年4Qクレカ不正被害は69.3億円 - 前四半期比36.7%増
「J SPORTS」で不具合 - 本人以外の個人情報閲覧や操作が可能に
歯科書籍の通販サイトに不正アクセス - 関連ポータルも影響か
不正アクセス受けたECサイトが終了 - 再開目指すも抜本的見直し必要で断念