Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2月はスパムの割合が上昇、バレンタインやウクライナ情勢を悪用した詐欺も - カスペルスキー

カスペルスキーは、2月のスパムの送信状況について取りまとめた。スパムの割合が前月より増加している。

同社がまとめたレポートによれば、2月の全メールトラフィックにおけるスパムの割合は69.9%で、1月を4.2ポイント上回った。

スパム送信国ランキングでは、「中国」が前月より7ポイント上昇して22.93%を占め、1位に浮上。2位は「米国」で19.05%、3位は「韓国」で12.81%だった。地域別では「アジア」が53.95%と半数以上を占め、依然として送信最多地域となっている。

メールに添付されたマルウェアのランキングでは、銀行や電子決済システムの登録フォームを装い、アカウント情報を盗み出すHTMLファイル「Trojan-Spy.HTML.Fraud.gen」が4.33%で、引き続きトップとなった。また、感染PCをボットネットに組み込む「Andromeda」が、2位と8位に入っている。

2月には、ウクライナの政治情勢を悪用し、金銭を騙し取ろうとするいわゆる「ナイジェリア型詐欺」メールが目立った。またバレンタインデーに関連して、「出会い系」のメールも激増したという。

フィッシングメールでは、「SNS」を標的としたものが27.28%で最も多く、「メールサービス(19.34%)」「金融・電子決済サービス(16.73%)」と」続いている。

(Security NEXT - 2014/04/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Apple装うフィッシング、「完全に凍結」「永久に禁止」と不安煽る
「Adobe Acrobat/Reader」に脆弱性、実証コードが公開済 - 早急に更新を
「VMware vRealize Log Insight」に認証回避の脆弱性
MS、月例パッチで脆弱性62件を修正 - PoC公開済みの脆弱性に対処
「VMware ESXi」に深刻な脆弱性 - ホスト上でコード実行のおそれ
「Adobe Acrobat/Reader」に悪用リスク高い脆弱性 - 早期適用推奨のアップデートが13日に公開予定
「Adobe Flash Player」に情報漏洩の脆弱性 - 悪用は未確認
GDPRやCookie法対応支援であらたに4サービス - IIJ
「WordPress」の人気eコマースプラグインに脆弱性 - 権限昇格のおそれ
人によるアクセスか試す「偽PayPal」 - 自動巡回の検出を回避