Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

磐田信金のサイトが不正アクセスで改ざん、閲覧者にウイルス感染の可能性

磐田信用金庫のウェブサイトが改ざんされ、閲覧したパソコンにウイルスが感染する可能性があったことがわかった。

同金庫のウェブサイトに対して、外部より不正アクセスがあり、プログラムが改ざんされたもの。3月25日に利用者からサイトが閲覧できないとの問い合わせがあり、被害に気が付いたという。

3月22日10時から同月25日10時ごろにかけて改ざんされた状態となり、その間にサイトにアクセスすると、マルウェアへ感染するおそれがあった。

同金庫では、ウェブサイトの修正を実施。心当たりがある利用者に対し、最新のセキュリティ対策ソフトを用いてウイルスに感染していないか確認するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/04/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「お名前.com」管理ツールに脆弱性、顧客2件で不正アクセス
コインチェックのドメイン管理に不正アクセス - 改ざんで顧客メール窃取か
コインチェック、情報流出懸念の対象件数を修正 - 送金サービスを再開
ビットバンクでもドメイン情報改ざん - 取引所とは別ドメイン
露APTグループがメールサーバに脆弱性攻撃 - 米政府が注意喚起
不正アクセスで個人情報流出か - 経団連事業サービス
サイトの「問い合わせフォーム」を悪用する攻撃に警戒を
不正アクセスでサイトが改ざん被害 - 高知言語聴覚士会
2018年の通販サイト不正アクセスを公表 - 磁石専門店
「ソニーミュージック」の公式サイトが再開