Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

金銭脅し取る日本語対応ランサムウェアが登場 - 支払いにはBitCoin要求

logotm.jpg

米Trend Microは、日本語を含むマルチリンガル対応したランサムウェアを確認したとして注意を呼びかけている。

3月に入りユーザーの意図に反してデータを暗号化し、金銭を脅し取ろうとするマルウェア「BitCrypt」を確認したもの。復号と引き換えにデータを復旧させる手順を提供するなどとして、支払いには 0.4BitCoinを要求する。

すでに同社では、亜種を含む2種類を確認。3月7日に発見された「TROJ_CRIBIT.A」は、英語による要求だったが、2日後の3月9日に確認された「TROJ_CRIBIT.B」では、機械翻訳と見られるものの10カ国語に対応していた。

英語以外に、日本語をはじめ、フランス語、ドイツ語、ロシア語、イタリア語、スペイン語、ポルトガル語、中国語、アラビア語に対応していた。

同社のデータによれば、日本語を利用するランサムウェアは、今回がはじめて。被害者の40%は米国だが、日本からのアクセスも11%に上ったという。

自身をパソコン上より消去し、侵入経路の解析を困難にするなど手口が巧妙。同社の分析によれば、情報を盗み出す「TSPY_FAREIT.BB」が感染経路だった。

(Security NEXT - 2014/03/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2017年の新種ランサムウェア、前年比62%増 - 「WannaCrypt」検出、日本は2位
緊急対応支援、「サーバ不正侵入」が半数超 - 仮想通貨発掘スクリプトが埋め込まれる被害も
ゲームプレイを強要するランサムウェア - データ欠損で復号不可のケースも
2018年1Q、仮想通貨発掘マルウェアが急増 - ランサム攻撃は大幅減
数百機種のAndroidデバイスにマルウェア - ファームウェアレベルで混入
カスペ、法人向けエンドポイント製品に新版 - 共有フォルダの暗号化防止機能など追加
セキュリティ担当者を配備する企業は2割未満 - 約6割が「現状で十分」
「WannaCrypt」騒ぎから1年経過するも国内端末の1割に感染リスク
北朝鮮悪用のFlash脆弱性、広く悪用される状態に - 海外中心に攻撃が拡大、国内でも
改正「テレワークセキュリティガイドライン」、クラウドやランサムウェアの注意点も