Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ヤフーのアプリ「話題なう」を騙るTwitterのスパムアカウントに注意、連携アプリ認証は解除を

ヤフーは、iOSやAndroid向けに提供している同社スマートフォン向けアプリ「話題なう」のアイコンが、悪用された事例を確認したとして注意を呼びかけた。

Twitterでスパムアカウント「@now_wada」に無断で使用されていたもの。投稿に記載されたリンク先を閲覧するために、アプリを認証してしまうと、勝手にリツイートを投稿される被害が発生した。

すでに同アカウントはすでに凍結されている。誤ってアプリ認証した場合には、Twitterのアカウント設定から認証を解除することで、スパム行為を停止することができる。

正規に提供しているアプリでは、ユーザーのアカウントから勝手に投稿することは一切ないと説明。またこうした不正行為に対し、今後も断固たる態度で対処していくとしている。

(Security NEXT - 2014/03/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

3月に国内ホストのフィッシングサイトが急増 - RSA
2020年2Qの脆弱性届出、「サイト」「ソフト」いずれも減
クラウドでのデータ侵害、構成ミスが8割強 - IBM調査
フィッシングサイト、1カ月で5481件 - 報告数とともに最多記録を更新
2019年下半期は1953万件の違反投稿に対応 - LINE
2019年下半期の捜査機関開示要請は1684件、78%に対応 - LINE
進むスマホのセキュ対策 - ただしOS更新率などは低調
2019年のフィッシング報告は約5.6万件 - 前年の2.8倍に
フィッシングURL件数、5月も4000件台と高水準 - 報告件数は1.4万件超に
マイナンバーカード、「いつものパスワード使う」との声も