Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トレンドマイクロ、2014年の事業戦略を発表 - カスタマイズされた標的型攻撃に対抗

トレンドマイクロは、2014年の事業戦略として「トレンドマイクロスマートプロテクションプラットフォーム」を展開すると発表した。

同プラットフォームは、同社製品やサービスを組み合わせ、情報資産の保護を実現するソリューション。

20140325_tm_001.jpg
トレンドマイクロが提唱する次世代型脅威防御のアプローチ(図:トレンドマイクロ)

新製品や現行製品の機能強化なども実施し、攻撃者の行動や技術の解析に基づいて情報資産を狙うカスタマイズされた標的型攻撃に対抗するソリューションを提供する。

ネットワーク、サーバ、データセンター、エンドユーザーまで、幅広いレイヤーにて標的型攻撃や侵入を検知するソリューションを展開。企業環境、各脅威イベントの相関関係やログを分析し、動的に脅威から防御する。

具体的な展開としては、クラウド事業者との連携やVMwareとの技術連携を強化。クラウドインテグレーター向けに、セキュリティ製品を実装するトレーニングなどを支援するコンソーシアムを設立、第2四半期より活動を開始する。

メールによる標的型攻撃へ対応する「Deep Discovery Email Inspector」の提供や、既存製品のサンドボックスにおける機能拡張を第3四半期に実施する計画。

また「CSIRT」や「SOC」の支援サービスを第2四半期より展開。また海外で展開している「エンドポイント向けセンサ」を2014年内に国内で展開するよう検討を進めている。

顧客のニーズに応えるため、第2四半期より「Trend Micro Security as a Service」のサービスラインナップを強化するほか、「Trend Micro SafeSync for Enterprise」の機能を強化する予定。

(Security NEXT - 2014/03/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ログやマルウェアの無料調査ツール「FalconNest」 - ラック
アナリスト向けカンファレンス「JSAC 2019」の参加登録がスタート
定義ファイル非依存の標的型攻撃対策製品市場、前年比29.9%増 - 今後も高成長との予測
J-CSIP、3Qに標的型攻撃情報39件を共有 - 8月上旬に「iqyファイル」大量ばらまきも
2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに
Office数式エディタに対する脆弱性攻撃 - サンドボックス回避のおそれも
中国「APT10」による国内メディア狙った標的型攻撃 - 外交問題関連ファイルを偽装
顧客へのアクセス権限持つMSP、APT攻撃の標的に - 米政府が警鐘
38%の企業がセキュリティ投資を増額 - それでも65%は「不足」
警察庁把握の標的型攻撃メール、前期から半減するも高水準 - 「Excelファイル」が約半数