Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTT、改ざん検知が可能な暗号方式を開発 - 復号データを逐次出力可能

NTT、三菱電機は、福井大学と連携し、改ざん検知が可能な暗号技術を開発した。

今回、秘匿機能と改ざん検知機能の双方を備えたあらたな暗号化形式を開発したもの。従来の改ざん検知暗号と比較し、今回開発した改ざん検知暗号は、制約条件の制約が少なく、利便性が向上したという。速度面の優位性もあるとしている。

従来は、復号処理の中間データを出力すると改ざんのおそれがあったが、今回の暗号形式では偽造のおそれがなく、逐次的に出力することが可能。そのためメモリを確保する必要がなく、メモリ容量が小さいデバイスでも大きなデータを扱えるという。

両社は、今後は、米国立標準技術研究所(NIST)が支援する暗号評価プロジェクト「CAESARコンテスト」に応募し、評価を得たい考え。また引き続き研究を推進し、インフラ分やへの活用などを目指している。

(Security NEXT - 2014/03/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

TMI P&Sと東京海上日動、サイバーリスク保険分野で提携
2020年2Qの脆弱性登録は4279件 - EOLの「Win 7」は166件
2020年2Qの脆弱性届出、「サイト」「ソフト」いずれも減
医療情報狙う攻撃 - 新型コロナ前後の国内観測動向は
外部委託先のサイバーリスクを診断するサービス - GRCS
「IoT・5Gセキュリティ総合対策2020を策定」 - 総務省
露「APT29」、ワクチン情報狙いサイバー攻撃か - 2018年の国内検知マルウェアとも関連
ウェブセキュリティ実務者向けに「徳丸実務試験」 - 2021年4月に開始
暗号鍵のライフサイクル評価サービス - NRIセキュア
「Apache Tomcat」にサービス拒否の脆弱性 - 7月初旬の更新で修正済み