Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メール誤送信でアドレスなど流出、前年の事故も判明 - 大阪市

大阪市は、健康づくりの活動に取り組む団体「すこやかパートナー」への情報提供メールについて、送信先アドレスが表示された状態で送ったことを明らかにした。

3月6日18時5分、同市の担当者がすこやかパートナーの71登録団体に情報提供メールを送信。その際に誤って「CC」に設定して送信。送信先の名称とメールアドレスを受信者間で閲覧できる状態となった。

同市へ同日19時30分に受信者から指摘があり誤送信に気付いた。同様の誤送信が発生していないか、すこやかパートナーに対する過去のメール送信記録を調べたところ、2013年11月21日と27日にも、宛先の入力欄ミスによる誤送信が発生していたことがわかった。

流出した個人情報は、団体のメールアドレスを除くと3月6日分はメール表示名73件とアドレス54件、11月21日はアドレス26件、27日はメール表示名46件とアドレス31件。同市では対象となる団体担当者に説明と謝罪を行い、誤送信メールの削除を要請している。

(Security NEXT - 2014/03/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

街頭インタビュー映像や音声のファイルを誤送信 - NHK
ふるさと納税寄付者へのメールで誤送信 - 様似町
発電事業者や小売電気事業者のメアド流出 - 中電
メール誤送信で利用者3294人分のメアド流出 - 兵庫県立図書館
メール誤送信でオープンキャンパス申込者のメアド流出 - 岐阜保健大
職員情報をメール誤送信、抑止システム導入も確認せず - 横浜市
入試受験予定者への案内メール誤送信でメアド流出 - 兵庫大
株主優待の案内メールで誤送信 - 送信先リストを添付
保守契約顧客向けメールで誤送信、メアド2250件流出 - 日本オーチス
メール誤送信で宿泊予約者のメアド流出 - 松本マラソン