Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ジェイズ、印Cyberoam製UTMを取扱開始 - MSSも展開予定

ジェイズ・コミュニケーションは、印Cyberoam Technologies製UTMアプライアンス「Cyberoam NGシリーズ」の取り扱いを開始した。

20140219js_001.jpg
アプリケーション制御などをユーザーごとに設定できる「Cyberoam NGシリーズ」

同シリーズは、おもに中堅、中小企業向けのUTM製品で「ファイアウォール」「アプリケーション制御」「ウイルス対策」「スパム対策」「IPS」「ウェブフィルタリング」「VPN」「帯域制御」などの機能を標準で搭載。Cyberoamの独自技術により、これら通信をユーザーと関連付けて管理することが可能となっている。

Cyberoamと国内で代理店契約を締結したのは、同社がはじめてだという。これまでも国内においてOEM供給されているほか、すでに125カ国以上で販売実績があり、ユーザーインタフェースも日本語化されている。

またCyberoamについては、英Sophosが株式取得による同社の買収を2月に入り発表しているが、ジェイズによれば、Cyberoamの販売チャネルやプロダクトラインは当面のあいだ従来通りで、取り扱いに影響はないとしている。

価格は、ファイアウォールおよびVPN利用時の場合9万9800円から、UTM利用時の場合11万円から。今後同社では、同製品を活用したマネージドセキュリティサービス(MSS)を展開する予定。

20140219js_002.jpg
7製品をラインナップとして用意している

(Security NEXT - 2014/02/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

UTMと国内脅威DBの連携ソリューション - キヤノンMJら
防塵防滴仕様のアプライアンスを投入 - ウォッチガード
サイバー保険付帯の中小企業向けヘルプデスクサービス - NTTコム
UTMを最大52台まで拡張できる新製品 - チェック・ポイント
ソフォスとリコー、小規模向けにUTMのMSS - オンサイト対応まで支援
ウォッチガード、UTM向けに新版OS - Cylanceのマルウェア対策エンジンを採用
ソフォス、クラウド型サンドボックスの国内運用を開始
NTT西、セキュリティ人材約400人を活用して一元的にセキュリティ支援
UTMに運用支援とサイバー保険を付帯したパッケージ
ウォッチガード、UTMの新モデルを発表 - HTTPSトラフィックに最適化