Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トランスコスモス、緊急時に最短1日で対応窓口が設置できるサービス

トランスコスモスは、情報漏洩事故やリコールといった緊急時に最短1日でコールセンターを開設できる「緊急コールセンターサービス リスク対策パック」の提供を開始する。

同ソリューションは、緊急用コールセンターの事前準備や回線維持をパッケージ化したもの。事前準備を行っておくことで、最短1日で緊急対応窓口のコールセンターを立ち上げることができるという。

パッケージには、緊急事態の発を想定して業務の流れを策定する「業務フロー策定」、コールセンター交換機の設定を行う「コールフロー策定」、研修や教育を提供する「管理者業務習得」のほか、「マニュアル作成」「フリーダイヤル取得・回線維持」「連携ルール策定」「対応窓口業者検討」などが含まれる。初期費用は20万円から。

また「フリーダイヤル維持費」や「PBX維持費」「メンテナンス作業費」などのランニング費用は、月額2万円から。

(Security NEXT - 2014/01/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

脆弱性緩和ツール「EMET」、2018年7月31日にサポート終了予定
プロキシログから攻撃を検出するイスラエル製ソリューション「SecBI」 - IWI
石油産業における実在の攻撃を踏まえたボードゲーム形式の演習サービス
GDPRの理解を問う試験を提供 - EXIN JAPAN
「NOD32」発売から15周年、記念パッケージをリリース
Cylance、パートナー経由でマネージドサービスを展開
カスペ、Windows Server向け製品に新版 - 不正サイトをブロックする新機能
カスペがEDRを投入 - サンドボックスやインテリジェンスと連携
セキュリティ対策など整理した「医療情報システム向けAWS利用リファレンス」 - 4社が共同作成
被暗号化ファイルの監視で被害を防ぐランサム対策ソフト - 他対策ソフトと併用も可