Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTソフト、標的型メール対策製品をリニューアル

NTTソフトウェアは、「CipherCraft/Mail 標的型メール対策」にサーバ設置型を追加するなど、企業のPC利用環境に柔軟に対応できるようリニューアルを行った。

同製品は、受信したメールを独自エンジンで分析し、メールクライアントで受信する前に標的型攻撃の疑いのある不審なメールを隔離するソリューション。分析情報を通知し、従業員がその情報をもとに安全と判断したのみ受信する。

今回のリニューアルでは、従来の受信端末にインストールするタイプにくわえ、クライアントソフトが不要なサーバ製品をラインナップに追加した。不審メールの通知を受けたユーザーの操作情報や、不審メールの傾向などがわかる属性情報の記録にも対応している。

(Security NEXT - 2013/12/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに
Office数式エディタに対する脆弱性攻撃 - サンドボックス回避のおそれも
中国「APT10」による国内メディア狙った標的型攻撃 - 外交問題関連ファイルを偽装
顧客へのアクセス権限持つMSP、APT攻撃の標的に - 米政府が警鐘
38%の企業がセキュリティ投資を増額 - それでも65%は「不足」
警察庁把握の標的型攻撃メール、前期から半減するも高水準 - 「Excelファイル」が約半数
【特別企画】セキュリティクイズ 標的型攻撃なのに「ばらまき型」? 警察庁の定義とは
対応コストともなう「サイバー攻撃」「内部犯行」、43.9%が経験
拡張子「.iqy」ファイルに注意 - 数十万件規模でマルウェアメールが流通
「Trend Micro CTF 2018」が開催 - 9月に予選、決勝は12月