Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTソフト、標的型メール対策製品をリニューアル

NTTソフトウェアは、「CipherCraft/Mail 標的型メール対策」にサーバ設置型を追加するなど、企業のPC利用環境に柔軟に対応できるようリニューアルを行った。

同製品は、受信したメールを独自エンジンで分析し、メールクライアントで受信する前に標的型攻撃の疑いのある不審なメールを隔離するソリューション。分析情報を通知し、従業員がその情報をもとに安全と判断したのみ受信する。

今回のリニューアルでは、従来の受信端末にインストールするタイプにくわえ、クライアントソフトが不要なサーバ製品をラインナップに追加した。不審メールの通知を受けたユーザーの操作情報や、不審メールの傾向などがわかる属性情報の記録にも対応している。

(Security NEXT - 2013/12/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Flash Player」狙いのゼロデイ攻撃、3カ月前から準備か - 給与関連書類を偽装、C&Cは偽求人サイト
ASUSの更新機能が侵害、マルウェア拡散 - MACアドレスで標的絞りさらなる攻撃
ゼロデイ脆弱性、攻撃対象は「Windows 7」 - 「Windows 10」への影響は限定的
「Windows」に脆弱性、すでにゼロデイ攻撃も - 回避策などの実施を
国家関与のサイバー攻撃、新型コロナ問題に便乗 - 中国のグループも
4社に1社、パッチ適用頻度は数カ月に1度
標的型攻撃、「圧縮ファイル」利用が前年比2.5倍に
100以上の項目で標的型攻撃対策を評価する診断サービス
マルウェア「LODEINFO」を検知 - JPCERT/CCが解析情報を公開
2019年4Qの標的型攻撃メールは47件 - 情報提供の7割が「Emotet」