Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

患者の個人情報含むノートPCが所在不明に - 筑波大付属病院

筑波大学付属病院は、患者の診療情報が保存されているノートパソコンが院内で所在不明となっていると発表した。

紛失したのは、内視鏡治療を受けた約400人分の個人情報が保存されているパソコン。氏名や年齢、患者ID番号、症状、治療内容などが含まれる。

同院では対象となる患者へ文書で謝罪。また所管する官庁へ事態を報告した。紛失した個人情報が不正利用されたといった報告は受けていないという。

個人情報の暗号化や院外への持ち出し禁止などガイドラインやマニュアルで定めてきたが、守られていなかったという。同院では職員に対して、再度教育や指導を徹底したいとしている。

(Security NEXT - 2013/12/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

病院職員が電子カルテを不正閲覧 - 連絡先を取得
患者情報の誤送信で医師を懲戒処分 - 横浜市立大病院
がん患者情報を誤送信、煩雑さ避けるため個人情報記載 - 横浜市立大病院
患者情報含むメディアが所在不明に - 昭和大学歯科病院
職員の人事記録漏洩、犯人不詳のまま告発 - 弘前市
患者情報含むPCとHDDを院外で紛失 - 昭和大病院
患者情報含むPCをタクシー内に置き忘れて紛失 - 大阪労災病院
患者情報が路上に飛散、廃棄処理委託先で - 鹿大病院
あらたに2医療機関の情報持出を公表、あわせて約1700人分に - インテック
患者情報含むUSBメモリを紛失 - 滋賀医科大病院