Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

中学校で個人情報含む私物USBメモリが所在不明に - 藤沢市

藤沢市は、市内の中学校で個人情報を保存していた私物のUSBメモリが所在不明になっていることを明らかにした。

同校の教諭が11月22日に職員室のパソコンでUSBメモリ利用し、そのまま接続した状態で帰宅。週明け25日にパソコンを利用しようとした際、USBメモリがなくなっていることに気が付いた。

所在不明となっているUSBメモリには、調査書や通知表、指導データなど在校生12人や卒業生3人の情報が含まれる。USBメモリのデータは暗号化などセキュリティ対策は実施していなかったという。

同校では、問題発覚翌日の26日に家庭へ電話で連絡し、謝罪。さらに校長や教務主任、教諭で家庭訪問を行い、あらためて謝罪したほか、保護者を対象とした説明会を行っている。

(Security NEXT - 2013/12/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

前橋市教委、個人情報流出は4万7839件 - 既往症や口座情報なども
生徒の個人情報紛失が府立高2校で判明 - 大阪府
中学校で生徒の個人情報が所在不明に - 堺市
児童や学生など含む個人情報約4万5000件が流出した可能性 - 前橋市
中学校で貸出データ含む図書室設置PCが盗難 - 名古屋市
市民公開講座の案内メールで誤送信 - 東海高中校
市立中学校で生徒の個人情報を紛失 - 大阪市
スキャンした答案用紙を模範解答と誤り配信 - 佐賀県の高校
小中学校の心電図検診データを紛失、再検査を実施 - 青森県医師会
中学校の廃棄HDD、ネットオークションで流通 - 美濃加茂市