Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

10月にフィッシング攻撃が急増、過去最悪を更新 - 初の6万件台に

EMCジャパンRSA事業本部は、10月に同社が観測したフィッシング攻撃の状況を取りまとめた。8月以降急激に増加し、過去最悪となった。

20131129em_001.jpg
フィッシング攻撃件数の推移(グラフ:EMC)

同社が把握した10月のフィッシング攻撃は6万2105件。同社の調査開始以来はじめて6万件台に突入し、過去最悪を記録した。前月の4万6119件から35%増となり、2カ月連続で大幅な増加。8月の3万3861件から倍増している。

フィッシング攻撃を受けた回数の割合を国別に見ると、米国が81%と突出しており、前回の50%から大きく上昇した。イギリスが5%で続いている。

フィッシング攻撃を受けたブランドは265件で前月の304件から縮小。5月の351件をピークに減少傾向が続き、300件を割り込んだ。5回以上の攻撃を受けたブランドは134件。

攻撃を受けたブランドの割合を国別にみると米国が32%で変わらずトップ。前月から4ポイント上昇した。イギリス(9%)、インド(7%)と前回とトップ3の順位は変わらない。

フィッシングサイトのホスト国の割合は、米国が45%を占めた。前月を3ポイント上回っている。ドイツが5%で続く。日本国内でホストされたフィッシングサイトは3件。前月の15件から縮小した。

(Security NEXT - 2013/11/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

偽大学サイトが1年間で961件、16カ国131大学が標的に - 国立大の偽ウェブメールも
フィッシング攻撃が小規模化、誘導先を次々変化 - 対策製品がまにあわないケースも
Yahoo!メール、なりすまし対策で企業アイコンを表示 - DKIMを利用
2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに
2018年2Qのフィッシング攻撃は約1割増 - 国内ホストは低水準
大阪府警、サイバー犯罪防止のイメージキャラクターに「ロックマン」
9月のフィッシング報告、3割減 - ブランドの悪用被害は増加
7月は不正広告を表示するJavaScriptが1.7倍 - 新亜種が次々開発
2018年上半期のフィッシング、前期比2.7倍で過去最悪 - 銀行狙いは鎮静化
フィッシング報告数、依然高水準 - 大手ブランドかたるメールが多種類