Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

10月にフィッシング攻撃が急増、過去最悪を更新 - 初の6万件台に

EMCジャパンRSA事業本部は、10月に同社が観測したフィッシング攻撃の状況を取りまとめた。8月以降急激に増加し、過去最悪となった。

20131129em_001.jpg
フィッシング攻撃件数の推移(グラフ:EMC)

同社が把握した10月のフィッシング攻撃は6万2105件。同社の調査開始以来はじめて6万件台に突入し、過去最悪を記録した。前月の4万6119件から35%増となり、2カ月連続で大幅な増加。8月の3万3861件から倍増している。

フィッシング攻撃を受けた回数の割合を国別に見ると、米国が81%と突出しており、前回の50%から大きく上昇した。イギリスが5%で続いている。

フィッシング攻撃を受けたブランドは265件で前月の304件から縮小。5月の351件をピークに減少傾向が続き、300件を割り込んだ。5回以上の攻撃を受けたブランドは134件。

攻撃を受けたブランドの割合を国別にみると米国が32%で変わらずトップ。前月から4ポイント上昇した。イギリス(9%)、インド(7%)と前回とトップ3の順位は変わらない。

フィッシングサイトのホスト国の割合は、米国が45%を占めた。前月を3ポイント上回っている。ドイツが5%で続く。日本国内でホストされたフィッシングサイトは3件。前月の15件から縮小した。

(Security NEXT - 2013/11/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

悪意あるメール、クリックの半数超が受信1時間以内 - 朝夕に増加傾向
企業の約8割が「BEC」を経験 - 件名に「Re:」「Fwd:」追加が1.5倍
LINEら4社が「サイバー防災訓練」 、テーマは「フィッシング詐欺」 - アルコ&ピース平子祐希さんも登場
わずか6グループで偽ショッピングサイト2万件を設置 - APWGも脅威として定義追加へ
2017年のフィッシング報告は前年から減少 - 誘導先URLは1.7倍に
フィッシング報告数が2700件と高水準 - 「Apple」関連が約65%
「フィッシング対策ガイドライン」2018年度版が公開
検索可能なネット表層さまようアカウント情報約22億件 - 流出事故とも一致
フィッシング報告数、前月同様に高水準 - URLは16%減
「認証番号」を聞かれた時どうする? 設定やシーンごとの対応策などLINEが解説