Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サイトロック、年末年始期間の短期間のみ有人監視を提供するサービス

サイトロックは、年末年始など長期休暇期間のみ有人監視を提供する短期契約型サービス「アラート・オン・コール」を提供開始した。

同サービスは、長期休暇や企業固有の繁忙期などに、期間限定で有人監視を提供するもの。既存の監視システムを活用し、顧客企業が現在利用している監視ツールが発したアラートを同社監視センターが受信。企業担当者に電話で通知を行う。

期間限定の短期契約型サービスで、今回は年末年始休暇を迎える12月24日から2014年1月31日までの提供となる。申し込み締め切りは12月10日。

初期設定費用は、取り込むアラートメールフォーマット単位の課金となり、1フォーマットあたり5万2500円。料金は、サービス基本料金とチケット数で課金される。基本料金は5万2500円、1チケット3675円。

(Security NEXT - 2013/11/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

インシデント対応の窓口サービスを開始 - ALSOK
アプライアンス「iNetSec SF」にワーム対策機能を追加 - PFU
ASEAN地域の監視分野事業で英Assuriaと協業 - ラック
MSSにインシデント初期対応支援を追加 - テクマトリックス
個人向けダークウェブ監視ソフトが登場 - 発見時に警告やアドバイス
移動体通信における制御信号の特徴で攻撃を検知 - NEC
アラート60分以内に要対応情報を提供するMSS - GRCS
「Office 365」の監視サービス - NECソリューションイノベータ
制御システム向けにリスク評価サービス - BBSecとテリロジー
ハイブリッド環境対応の上位版MSSを開始 - テクマトリックス