Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

一太郎の脆弱性を狙った攻撃が本格化 - 攻撃対象となる組織も拡大

シマンテックは、ジャストシステムが11月12日に公表した「一太郎」の脆弱性を悪用する攻撃が本格化しているとして、セキュリティアップデートを適用するよう注意を呼びかけている。

問題とされる「CVE-2013-5990」は、人気ワープロソフト「一太郎」シリーズにおいて、細工が施されたファイルを開くと、リモートでコードが実行されるおそれがある脆弱性。

シマンテックによれば、日本国内を標的とし、問題の脆弱性を悪用するゼロデイ攻撃を9月より把握しているが、ジャストシステムがアップデートを公開した時点で出回っていた攻撃コードは不完全なもので、システムへの侵入に成功するケースは確認されていなかった。

しかし、アップデートが公開され、1週間が経過したころから、攻撃に成功するケースがあらたに確認されているという。今回の攻撃では「リッチテキストファイル」が用いられており、誤って開くと、バックドアやトロイの木馬などマルウェアに感染する。

シマンテックでは、ゼロデイ攻撃が発生したころと比較し、攻撃対象となる組織も増加しており、本格的な攻撃に移行したと分析。ツールキットが複数のサイバー攻撃者によって共有されている可能性もあるとして、早期にアップデートを適用し、脆弱性を解消するよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2013/11/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「VMware ESXi」に深刻な脆弱性 - ホスト上でコード実行のおそれ
スマートコントラクト向けの脆弱性モニタリングサービス - NRIセキュア
「WordPress」向けeラーニングシステム構築プラグインに複数脆弱性
「Adobe Acrobat/Reader」に悪用リスク高い脆弱性 - 早期適用推奨のアップデートが13日に公開予定
PowerDNSに複数脆弱性、アップデートで修正 - バグ判明で急遽再リリースも
Windows版「Evernote」にリモートよりコマンド実行が可能となる脆弱性
IoT向け組込OS「AWS FreeRTOS」に複数脆弱性 - コード実行のおそれ
同一コアのスレッド同時実行技術に脆弱性 - サイドチャネル攻撃「PORTSMASH」が明らかに
JPCERT/CCのログ可視化ツールにコードインジェクションなど複数脆弱性 - 修正版がリリース
複数の自己暗号化ドライブに脆弱性 - 復号化のおそれ