Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

11月のMS月例パッチは8件を予定 - 深刻度「緊急」は3件

日本マイクロソフトは、月例セキュリティ更新プログラムを11月13日に公開する予定だ。深刻度「緊急」のプログラム3件を含む8件となる見込み。

深刻度が、4段階中もっとも高い「緊急」にレーティングされているのは、「Windows」「Internet Explorer」の脆弱性を修正するプログラム。脆弱性が悪用された場合、いずれもリモートでコードを実行されるおそれがある。

のこる5件の深刻度は、1段階低い「重要」に設定されており、「Windows」や「Office」向けのプログラム。リモートでコードを実行される脆弱性のほか、特権の昇格、情報漏洩、サービス拒否といった問題を修正する予定。

(Security NEXT - 2013/11/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
10月にサポート終了したはずの「Office 2007」にもアップデート
MS、11月の定例パッチで53件の脆弱性を解消 - 一部脆弱性は公開済み
MS、10月の月例パッチで脆弱性62件を修正 - ゼロデイ攻撃確認済みの脆弱性も
サポート終了直前「Office 2007」、9月末時点で8.6%が利用
「Office 2007」サポート終了まで3カ月 - 「Office for Mac 2011」もEOLへ
ペアリング不要、近隣端末を「Bluetooth」乗っ取れる「BlueBorne」 - 53億台に影響か
MS、脆弱性80件を月例パッチで解消 - すでにゼロデイ攻撃も
既知のOffice脆弱性「CVE-2017-0199」を狙う攻撃が増加
ショートカットファイルの表示だけでコード実行される脆弱性 - 旧OS含め更新など対策を