Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

11月のMS月例パッチは8件を予定 - 深刻度「緊急」は3件

日本マイクロソフトは、月例セキュリティ更新プログラムを11月13日に公開する予定だ。深刻度「緊急」のプログラム3件を含む8件となる見込み。

深刻度が、4段階中もっとも高い「緊急」にレーティングされているのは、「Windows」「Internet Explorer」の脆弱性を修正するプログラム。脆弱性が悪用された場合、いずれもリモートでコードを実行されるおそれがある。

のこる5件の深刻度は、1段階低い「重要」に設定されており、「Windows」や「Office」向けのプログラム。リモートでコードを実行される脆弱性のほか、特権の昇格、情報漏洩、サービス拒否といった問題を修正する予定。

(Security NEXT - 2013/11/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Windows 10」のリモート接続で画面認証回避のおそれ - 修正パッチは未提供
ワーム悪用懸念の脆弱性を含む端末が95万台弱
Intel プロセッサの「MDS」脆弱性、OSベンダーも対応呼びかけ
「SharePoint」脆弱性を狙う攻撃に注意 - 「China Chopper」を展開
MS月例セキュリティ更新がリリース、脆弱性74件を修正 - 2件でゼロデイ攻撃を確認済み
GWに備えて対策を - 脆弱性や改元対応、BECへの警戒も
MSが新元号対応を説明、API連携などにも注意喚起 - 危険な実装例も
「なりすまし」生じる「Exchange Server」の脆弱性へ対処 - MS
MS月例パッチ 、脆弱性74件を修正- 悪用確認済みのゼロデイ脆弱性にも対応
「MS Exchange 2013」以降に脆弱性「PrivExchange」 - ドメイン管理者権限奪われるおそれも