Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

11月のMS月例パッチは8件を予定 - 深刻度「緊急」は3件

日本マイクロソフトは、月例セキュリティ更新プログラムを11月13日に公開する予定だ。深刻度「緊急」のプログラム3件を含む8件となる見込み。

深刻度が、4段階中もっとも高い「緊急」にレーティングされているのは、「Windows」「Internet Explorer」の脆弱性を修正するプログラム。脆弱性が悪用された場合、いずれもリモートでコードを実行されるおそれがある。

のこる5件の深刻度は、1段階低い「重要」に設定されており、「Windows」や「Office」向けのプログラム。リモートでコードを実行される脆弱性のほか、特権の昇格、情報漏洩、サービス拒否といった問題を修正する予定。

(Security NEXT - 2013/11/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Flash Player」の偽更新プログラムに注意 - 正規更新で攻撃を隠ぺい
8月半ばからTCP 445番ポート宛てのパケットが増加 - 8割の送信元がWS 2003
Office数式エディタに対する脆弱性攻撃 - サンドボックス回避のおそれも
MS、月例パッチで脆弱性62件を修正 - 「Windows ALPC」のゼロデイ脆弱性に対応
MS、8月の月例パッチ公開 - 脆弱性2件でゼロデイ攻撃
MS、EOL迎える53万台超の「WS 2008」を1年半後には「ゼロ」目指す - Azure再ホストなら3年間パッチ無料
定例パッチ公開日、盆休みを直撃 - 夏期休暇に備えてセキュリティ対策を
7月のMS月例パッチが公開、脆弱性53件を修正 - 「緊急」は17件
MS、AMDプロセッサ向けに「Spectre」緩和策を追加
MS、6月の月例パッチをリリース - 脆弱性1件が公開済み、悪用は未確認