Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ラック、千葉県警のサイバー犯罪特別捜査官を受け入れ

ラックは、サイバー犯罪の拡大防止における法執行機関への協力の一環として、千葉県警のサイバー犯罪特別捜査官を受け入れると発表した。

同県警本部よりサイバー犯罪特別捜査官を、同社のセキュリティ技術部門に受け入れるもので、サイバー犯罪捜査の向上に協力するもの。複数名の受け入れを予定しており、受け入れ期間は、11月1日より1人あたり4カ月を予定している。

(Security NEXT - 2013/10/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

アナリスト向け国内カンファレンス「JSAC 2019」が開催決定 - 論文募集を開始
2017年の新種ランサムウェア、前年比62%増 - 「WannaCrypt」検出、日本は2位
NEDO、重要インフラ事業者間の情報共有基盤を開発 - 日立がサービス化
緊急対応支援、「サーバ不正侵入」が半数超 - 仮想通貨発掘スクリプトが埋め込まれる被害も
カスペ、サイバー攻撃対応のゲーム大会を開催 - オンラインでも参加可能
「シンガポール支店」開設で海外事業を拡大 - ラック
損保ジャパンと日立、インシデント発生率と損害額を定量化する診断手法を開発
NICT、脆弱性管理プラットフォーム「NIRVANA改弐」を発表
米朝首脳会談の影響で韓国に対する攻撃が増加 - 周辺国関連組織が関与か
「W杯」便乗のサイバー攻撃に注意を - 選手の検索結果に危険が潜む場合も