Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネット掲示板に理化学研究所のアカウント情報 - 15年前の流出情報か

理化学研究所は、一部のインターネット掲示板上に、同研究所のサーバに関する情報が掲載されていたことを明らかにした。15年前に発生した不正アクセスで流出した可能性が高いという。

同研究所によれば、掲示板上で公開されていたのは、1998年ごろに利用していたデータ。職員がサーバへアクセスする際に利用する1563件のアカウント名のほか、暗号化されたパスワード情報や、同サーバ内に格納されていたと見られる一部データが含まれる。研究に関する機密情報の流出は確認されていない。

掲示板に掲載された経緯や原因などは、現時点でわかっていない。同研究所では、1998年当時に一部アカウントが不正使用された不正アクセスが発生し、全職員のパスワードをリセットした経緯があることから、その際に漏洩したデータである可能性が高いと説明。すでに問題のサーバは廃止されているという。

(Security NEXT - 2013/09/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

システム管理者アカウントが奪われ、個人情報約7万件が流出 - 阪大
セキュリティコード含むカード情報が外部転送、流出の可能性 - 城山観光ホテル通販サイト
不正アクセスで顧客情報流出の可能性 - 上光証券
不正アクセスでクレカ情報流出の可能性 - HB-101ネットショップ
通販サイトでクレカ情報流出の可能性、セキュリティコードも - ミヨシ石鹸
セキュリティコード含むクレカ情報流出の可能性 - ゴルフ用品通販サイト
図書館のウェブサーバから個人情報流出の可能性 - 島根大
5年前に終了したプリントゴッコ通販サイトに不正アクセス - 顧客情報が流出
診療予約サービスに不正アクセス - 患者情報約60万件が流出か
不正アクセス受けたFostex通販サイトが再開 - 詳細が判明