Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ロリポップ!」改ざん多発の原因、ファイルパーミッションの設定不備

「ロリポップ!レンタルサーバー」の利用者において、改ざんが多発した問題で、同サービスを運営するpaperboy&co.は、同社によるパーミッション設定の不備が原因だったと発表した。

問題となっている改ざん被害は、同サービスにてWordPressを利用する多数顧客で発生したもので、改ざん件数は、同社が把握しているだけで8438件にのぼる。

大規模な改ざん被害の原因について、第1報を発表した8月28日の時点では、利用者におけるパスワード管理の不備であると発表したが、翌29日には、プラグインやテーマの脆弱性が利用され、情報を抜き出す不正なファイルがアップロードされたと改めた。

さらに30日の発表では、プラグインやテーマの脆弱性を利用されたことが「改ざんの手法」であるとの認識を示した上で、脆弱性に対し攻撃を行う際の侵入経路に、同社によるパーミッション設定の不備が悪用されたことを認めた。脆弱性が存在するとされるプラグインやテーマの具体的な名称は明らかになっていない。

ファイルのパーミッションについて、同社では、29日の午前中より変更作業を進めていたが、原因として公表するタイミングが30日となったことについて、「被害拡大の防止を最優先したため」と釈明している。

また同社では、「ロリポップ!レンタルサーバー」の利用者に対し、「簡単インストール」として管理画面からCMSを自動的にインストールできるサービスを提供しているが、現在は「WordPress」をはじめ、各CMSの「簡単インストールサービス」が利用できない状況となっている。

(Security NEXT - 2013/08/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

GMOペパボ、「JUGEM」スクリプト改ざんの原因を公表
ペパボ、「ロリポップ!」改ざん原因など総括 - 自動導入システムなどに起因、WPに問題なし
「ロリポップ!」がサーバ設定を変更 - 「シンボリックリンク」を制限
「ロリポップ!」のセキュリティ対策により一部利用者で不具合
「ロリポップ!」の改ざん、8000件超に - プラグインやテーマの脆弱性が原因
「ロリポップ!」で約5000件のブログ改ざん被害 - 脆弱なPW原因か