Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

生活保護受給世帯の中学生の個人情報含む名簿を紛失 - 埼玉県

埼玉県が生活保護世帯に対する学習支援事業を委託している一般社団法人において、支援対象である中学生の個人情報が記載された名簿を紛失したことがわかった。名簿は住民により拾得されており、返却手続きが進められている。

同県が事業を委託している彩の国子ども・若者支援ネットワークの職員が、8月23日9時26分、ふじみ野市内のコンビニエンスストアで名簿をコピーした際、原本をコピー機に置き忘れたもの。その後24日1時ごろ、同市在住の男性が名簿を拾得。27日に市内の中学校へ連絡したことで紛失が判明した。

紛失した名簿には、支援対象である中学生17人の氏名、学年、世帯主名などが記載されていた。拾得者から近く返却される予定だという。

同県では対象世帯を訪問して説明や謝罪を行い、委託先に対しては個人情報の取り扱いについて文書による注意を行う方針。

(Security NEXT - 2013/08/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Cisco DNA Center」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
検索可能なネット表層さまようアカウント情報約22億件 - 流出事故とも一致
コンタクトレンズ販売サイトでクレカ情報が流出、複数顧客で被害 - メニコン子会社
2017年度の情報セキュリティ市場は9965億円 - 前年度比483億円増と堅調
Adobe、「Acrobat/Reader」におけるPoC公開の脆弱性について訂正
産業分野のサイバーセキュリティで日独連携 - 検討成果が明らかに
RHELのDHCPクライアントに深刻な脆弱性 - root権限取得のおそれ
同一PDFファイルに「Acrobat/Reader」と「Windows」のゼロデイ脆弱性 - 併用で高い攻撃力
Facebookページに第三者が不正投稿、すでに復旧 - メディアドゥHD
宛名印刷時の操作ミスで個人情報を誤送信 - JNSA