Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サイトの安全性を確認する「FFR tabaru」の最新版 - C&Cサーバとの通信を検知可能に

FFRIは、組織内のユーザーがアクセスしたウェブサイトの安全性を確認する「FFR tabaru Version 1.1」を提供開始した。

同製品は、サンドボックス上でユーザーが閲覧したウェブサイトを分析するゲートウェイ型のセキュリティソリューション。脆弱性攻撃やマルウェアの検出には、同社製品「FFR yarai」に搭載されているヒューリスティックエンジンを採用している。

指定したウェブサイトを巡回し、不正スクリプトの有無などを確認する機能を搭載。攻撃検出時には、プロクシサーバとのICAP連携により、不正サイトへのアクセスを遮断する。

今回リリースする最新版では、「.NETマルウェア」の検出に対応。マルウェアとコマンド&コントロールサーバとの通信を検出し、遮断する機能を搭載した。また不正URLの既存ブラックリストを読み込むことが可能となったほか、レポート機能を強化している。

(Security NEXT - 2013/08/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Avastに新版、フィッシング対策や機密データ保護を強化
オフラインでもスキャン履歴から脆弱性を評価する「Nessus 8」
開発段階の車載ECUに脆弱性検査を行える「ThreatHive」 - アズジェント
カスペ、ハイブリッド環境を一元管理できるセキュリティ製品
BBSec、ウェブサーバの負担抑えた脆弱性診断サービス
IoT機器メーカー向けのPSIRT支援サービス - NRIセキュア
挙動から脆弱性や攻撃を検出する「DevSecOps」向けソリューション
サーバ向けマルウェア対策製品「Sophos Intercept X for Server」 - ソフォス
カスペルスキーのサイバー脅威マップが日本語対応
無料PDF版「情報セキュリティ白書2018」の配布を開始 - IPA