Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サイトの安全性を確認する「FFR tabaru」の最新版 - C&Cサーバとの通信を検知可能に

FFRIは、組織内のユーザーがアクセスしたウェブサイトの安全性を確認する「FFR tabaru Version 1.1」を提供開始した。

同製品は、サンドボックス上でユーザーが閲覧したウェブサイトを分析するゲートウェイ型のセキュリティソリューション。脆弱性攻撃やマルウェアの検出には、同社製品「FFR yarai」に搭載されているヒューリスティックエンジンを採用している。

指定したウェブサイトを巡回し、不正スクリプトの有無などを確認する機能を搭載。攻撃検出時には、プロクシサーバとのICAP連携により、不正サイトへのアクセスを遮断する。

今回リリースする最新版では、「.NETマルウェア」の検出に対応。マルウェアとコマンド&コントロールサーバとの通信を検出し、遮断する機能を搭載した。また不正URLの既存ブラックリストを読み込むことが可能となったほか、レポート機能を強化している。

(Security NEXT - 2013/08/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

PwCサイバーサービス、IoT機器の脆弱性検査に特化したラボを開設
脆弱性学習ツール「AppGoat」を効率良く活用するための手引き - IPA
ハンモック、IT管理ソフトの新版 - レポート機能を強化
SBTら3社、オフィスビルへのサイバー攻撃を想定した実証実験 - IoT機器の脆弱性診断を実施
Avast、Mac向けセキュリティ対策ソフトの新版 - ランサム対策追加
シマンテック、エンドポイントに「おとり機能」を追加 - 複数のEDRオプションも
NEC、自社の脆弱性管理ノウハウを活用したクラウドサービスなど提供
PFU、不正端末検知製品を強化 - マルウェア検知機能など追加
ハンモック、「AssetView」に新版 - カスペの振舞検知機能を提供
ノートン新版が登場 - 「ドラえもん」のような存在目指す