Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

就労支援施設利用者の名簿が車上荒らしで盗難 - 浜松市社会福祉事業団

浜松市社会福祉事業団の職員が車上荒らしに遭い、就労継続支援施設の利用者名簿が被害に遭ったことがわかった。

同事業団の職員が7月11日、中学生を対象としたスポーツ教室で指導を行っていた19時15分から21時15分までの間、校内に駐車していた自家用車の窓ガラスが割られ、車内に置いていた鞄ごと盗まれたという。

被害に遭ったのは施設の利用者名簿で、生活介護・就労継続支援施設「かがやき」の利用者59人の氏名、住所、電話番号、生年月日と、就労継続支援施設「はばたき」利用者28人の氏名と電話番号が記載されていた。

盗難の判明後、警察へ届け出るとともに、対象となる利用者に個別に連絡し、説明と謝罪を進めている。

(Security NEXT - 2013/07/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

訪問サービス中に車上あらし、個人情報が盗難 - 長岡の高齢者介護施設
車上荒らしで顧客情報が盗難 - 大和リビング
調律師が車上荒らしに、顧客情報が盗難 - 河合楽器
顧客情報記載のリストが車上荒らし被害 - 中部電力
車上荒らしで顧客情報が盗難被害 - かもめガス
車上荒らしで学生の個人情報が被害に - 梅光学院大
作業中に車上荒らし、顧客情報が盗難 - 大丸エナウィン
10分ほどの駐車中に車上荒らし、学生情報など被害 - 名大
中学校内で車上荒らし、成績情報が盗難 - 堺市
委託先で患者情報含むHDDなどが盗難 - 伊勢崎市民病院