Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

入学料免除申請者の氏名や免除結果含む名簿を誤送信 - 琉球大

琉球大学の職員が、入学料免除決定者を通知するメールに、免除申請者55人の個人情報が記載された名簿を誤って添付していたことがわかった。

誤送信が発生したのは、入学料免除対象者が決定したことを通知するメール。6月6日19時30分、免除が不許可となった学生、および半額免除となった学生53人に対し送信した際、免除を申請した55人全員の氏名や学籍番号、所属、免除結果などが記載された名簿を誤って添付した。

送信直後に職員が気付き、誤送信先となる学生にメールの削除を依頼した。翌7日、個別に電話連絡して謝罪を行うとともに、誤送信メールの削除をあらためて依頼するなどの対応を行っている。

(Security NEXT - 2013/06/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顧客向けメール誤送信でメアド流出 - スマホケース製作会社
図書館からボランティアへのメールで誤送信 - 鎌倉市
メール整理時に誤操作でメール誤送信 - 札幌大
委託先がメール誤送信、調査で別のミスも - 新潟県
委託元の顧客情報を別の委託元へメール誤送信 - 埼玉の保険代理店
府内市町村への制度案内メールに誤って職員人事関連情報 - 大阪府
ボランティア登録者宛のメールで送信ミス - 山口県
商品不足知らせる謝罪メールを誤送信 - FM東京子会社
B.LEAGUEのシステム不具合でメール誤送信 - 千葉ジェッツふなばし
委託先がイベント中止メールを誤送信 - 桑名市