Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

エフセキュア、法人向け有償サポートプログラムの料金体系を改定

エフセキュアは、法人向け有償サポートプログラム「エフセキュアプレミアムサポート」の料金体系を変更した。

同サービスは、製品の障害や設定、バージョンアップに関する問い合わせへの対応や、製品やデータベースのアップデート、ウイルス検体解析サービス、サポート情報を提供。メールによる問い合わせに対して8時間以内に対応する。

平日9時から21時まで受け付ける「シルバー」と、フルタイムで対応する「ゴールド」の2種類を用意している。今回、最低受注価格を設定したうえで、サポート対象のライセンス所有数に比例した価格設定に変更した。

複数年契約による割引や、「ゴールド」における上級エンジニアの対応も行う。価格は、シルバーが25万円から、ゴールドが55万円から。

(Security NEXT - 2013/05/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

開発から運用まで保護するコンテナ向けセキュリティ製品 - クリエーションライン
NTTグループのCISSPホルダー増員目指し(ISC)2と提携 - NTT-AT
PFU、オンサイトによる簡易診断サービスを開始
カスペ、制御システム向け製品に新版 - 20以上のプロトコルをあらたにサポート
パブリッククラウド向けリスク可視化サービス「Evident」 - パロアルト
「TLS 1.3」サポートした「OpenSSL 1.1.1」がリリース - 「同1.0.2」は2019年末にサポート終了
「ウイルスバスタークラウド」に新版 - 悪性JSファイルの検出強化
IoT機器メーカー向けのPSIRT支援サービス - NRIセキュア
脆弱性緩和ツール「EMET」、2018年7月31日にサポート終了予定
脆弱性検査ツール「Metasploit Express」、2019年6月にサポートが終了