Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

中学校で生徒の個人情報資料が発見されて紛失が判明 - 藤沢市

藤沢市立第一中学校において、生徒37人の個人情報が記載された資料を紛失していたことがわかった。資料が教室で発見されたことにより紛失が判明したという。

一時紛失していたのは3年生のクラス替え資料で、1クラス37人分の氏名、性別、出身小学校名、学年末試験の得点のほか、問題行動や家庭環境などが記載されていた。

5月14日、別のクラスの教卓机の中から見つかったことで紛失が判明。同資料は、担任が授業の用具を入れるかごに入れて持ち歩いていたが、紛失当時の記憶がはっきりしないという。

同校では、3年生全員を対象に、紛失した資料に関する無記名アンケートを実施。また学年集会を開いて経緯を説明した。保護者に対しても、臨時保護者会を開催している。

(Security NEXT - 2013/05/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

複数小学校でアンケート結果や通知表などを誤配布 - 大阪市
幼稚園の届出書などが所在不明 - 大阪府
県立校で指導要録などを誤って裁断 - 神奈川県
取引先が置き引き被害、学生服の注文伝票など - 名鉄百貨店
一部中学校卒業者名簿が所在不明に - 名古屋市
指導手帳を一時紛失、電車内に置き忘れ - 神戸市中学校
中学校生徒の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 福岡市
県立高校で個人情報含む教務手帳が所在不明 - 岐阜県
業務メールを無関係メアドに同報、名簿送ったケースも - 佐賀県
小学校で児童情報を紛失、年賀状作成で持出 - 熊本市