Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報の紛失や誤送信など事故3件を公表 - 住宅金融支援機構

住宅金融支援機構は、2月から4月にかけて発生した個人情報関連の事故3件について公表した。

同機構によれば、CS推進部において、2月22日に業務委託先への通知文書を専用回線メールを利用して送信した際、誤って別の委託先従業員2人の名字、社名、役職を記載した。

また3月7日には、総務人事部において、同機構職員4人の氏名や返済額、残高、利率、および年金基金職員1人の名字や法人名など含む内部文書の紛失が判明。4月9日には首都圏支店において、顧客1人の氏名、住所、電話番号、職業、年収が記載された書類と、委託先従業員2人の氏名および社名が記載された書類の紛失が判明した。

いずれも外部漏洩の可能性は低いと説明しており、対象となる関係者には、すでに説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2013/04/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

中学校で生徒の個人情報含む資料が所在不明 - 尾道市
個人情報14.7万件含むタブレットを紛失 - 岡崎市
小学校で児童の学力調査票を紛失 - 熊本市
患者の顔画像含むタブレット端末を紛失 - 国立精神・神経医療研究センター
学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 阪南大
生徒の個人情報含む私物USBメモリを紛失 - 一戸町
中学校で個人情報入りUSBメモリを紛失、住民の拾得で判明 - 千葉市
顧客情報含む資料を車の上に置いて走行中に紛失 - 大丸
児童の個人情報含むCD-ROMを紛失、判明は11月 - 大阪府
新薬の安全性定期報告書が所在不明 - 医薬品医療機器総合機構