Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

AP通信のTwitterアカウントが乗っ取り被害 - 偽ニュースで米市場混乱

ニュースを発信するAP通信の公式Twitterアカウントが乗っ取り被害に遭い、発信された偽情報によって米国市場で一時混乱が生じた。

同社公式アカウントにおいて、現地時間4月23日に「ホワイトハウスで2回の爆発があり、オバマ大統領が負傷した」という偽情報が投稿されたもの。同日の米ダウ平均株価の終値は前日より高値で引けたが、1万4697ドルから一時1万4554ドルまで急落するなど乱高下した。

同社によれば、公式アカウントとモバイルアカウントが乗っ取り被害に遭ったが、その前に同社ネットワーク内において、フィッシング攻撃を受けていたという。同社では一時問題のアカウントを停止したが、現在は復旧している。

今回のアカウント乗っ取り攻撃に関して、「シリア電子軍」を名乗るグループが犯行声明を発表しているが、裏付ける証拠は見つかっていない。同グループは、これまでも中東のアルジャジーラや英BBCのアカウントの乗っ取りについて、犯行を主張している。

(Security NEXT - 2013/04/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

複数アカウントが迷惑メール送信の踏み台に - 東北工業大
「認証番号」を聞かれた時どうする? 設定やシーンごとの対応策などLINEが解説
脆弱性「Drupalgeddon 2.0」、実証コード公開で攻撃段階に
「Drupal 8」に「Drupalgeddon 2.0」とは異なるあらたな脆弱性 - 重要度は「中」
スマートスピーカー経由の個人情報漏洩、約6割弱に危機感
チェックポイント、クラウド向けに「CloudGuard」 - SaaSのアカウント乗っ取り対策など提供
アカウント情報の闇相場、「銀行口座」など高値 - 攻撃者はPWリスト攻撃目的で入手か
IoT機器メーカーなど半数が「セキュリティバイデザイン」採用 - 9割が規制を要望
J-CSIP、「やりとり型」の標的型攻撃を確認 - 日本語ばらまき型メールも巧妙化
4割弱が物理的なウェブカメラの覗き見対策を実施