Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スズキ販売代理店の顧客情報、ネット上で検索可能な状態に

スズキは、自動車販売代理店が管理していた顧客情報832件が、インターネット上で閲覧できる状態だったことを明らかにした。

閲覧可能となっていたのは、17店が管理していた顧客情報832件。顧客の氏名、住所、電話番号のほか、車両の登録番号や年式、車検有効期限などの車両情報が含まれる。2012年12月29日から2013年1月18日まで閲覧可能だった。

代理店のホームページを更新した際、担当者が顧客情報含むファイルを誤って外部からアクセスできる領域に保存。インターネットで検索できる状態になっていたという。

現在は閲覧できないよう対策を実施済みで、情報の不正利用は確認されていない。対象となる顧客に対しては、各代理店が説明や謝罪を行うとしている。

(Security NEXT - 2013/01/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報関連の事務処理ミス19件を公表 - 大阪市
2度にわたりメール誤送信、メアド流出 - 日の丸自動車学校
行政書類など誤廃棄や紛失など613万件が判明 - 神戸運輸監理部
車検関連の申請書類214万件を誤廃棄 - 九州運輸局
個情委、「内定辞退率予測サービス」で行政処分 - 利用企業にも指導
2018年登録の自動車登録申請書57件を誤廃棄 - 国交省
指定低公害車申請受付の案内メールで誤送信 - 東京都
トヨタ販売会社8社に不正アクセス - 顧客情報最大310万件が流出の可能性
個人情報含む書類が運搬中に飛散、一部回収できず - 阿南市
ナンバープレートなど含む記念写真データが所在不明 - 三菱自