Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Windows 8」の発売記念キャンペーン終了に便乗する偽ソフト

Microsoftは、「Windows 8」へのアップグレードを6000円弱の特別価格にて提供するキャンペーンを1月末で終了し、2月より2万円台の通常価格に戻るが、そのような状況に便乗しようと見られるサイバー攻撃が発生している。

Trend Microによれば、「無料でWindows 8を有効にできる」などと騙し、個人情報を入力させ、特定の番号に「SMS」を送信させようとする偽ソフト「アクティベータ」を複数確認したという。

海外ではSMSによる送金サービスが活用されており、騙して有料SMSを送信させる手法はよくある手口。同社ではセキュリティ対策ソフトにおいて「HTKL_KEYGEN」として対応した。

同社の調査では、アプリを配布しているサイトは、ラトビアやルーマニアのIPアドレスでホストされていた。さらにロシアのドメインでも配布されており、Androidで人気のアプリ「Instagram」「Angry Birds」の偽アプリを配布された際に利用されたものと同じだった。

同社では、「Windows 8」に便乗し、偽セキュリティ対策ソフトやフィッシング攻撃、ライセンスキー生成ツールなど、個人情報や金銭を騙し取る攻撃をこれまでもたびたび確認しているとして、注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2013/01/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

先週のAppleに続きMSのフィッシング攻撃が発生中
不正コピーの警告装い、Officeが利用できなくなるとだますメールに注意 - 偽サイトで情報詐取
2017年1Q、フィッシングサイトへ誘導されたユーザーが2割増
3月のフィッシング攻撃、報告減となるも誘導先URLは増加傾向
「Office利用できなくなる」とだますフィッシング - フィ対協が今月2度目の注意喚起
「プロダクトキーが不正コピー」と不安煽るフィッシングが再び
フィッシング攻撃の報告件数が4カ月連続で増加
偽マイクロソフトからのメールに注意 - 「プロダクトキーが不正コピー」と不安煽る
「Office使えなくなる」と脅すメールが再び流通
Office利用者狙うフィッシング、国内から3000件以上のアクセス