Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Ruby on Rails」に深刻な脆弱性 - 今月2度目のアップデート

「Ruby on Rails」に深刻な脆弱性が見つかり、アップデートが公開された。1月8日に公開されたアップデートとは異なる内容のため注意する必要がある。

同ソフトにおける「JSON」の解析処理に脆弱性「CVE-2013-0333」が判明したもの。1月8日に「Action Pack」の脆弱性2件を修正するアップデートが公開されたばかりだが、それとは異なる脆弱性が見つかったという。

脆弱性情報サイトJVNによれば、インターネット経由で脆弱性に対する攻撃が可能で、悪用された場合、任意のコードを実行されたり、認証の回避、サービス拒否などが発生するおそれがある。

最新版となる「同3.0.20」「同2.3.16」にて脆弱性は修正されており、できるだけ早くアップデートするよう注意を呼びかるとともに、回避策などもアナウンスしている。

(Security NEXT - 2013/01/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Amazon FreeRTOS」の複数脆弱性、詳細公表される - コード実行やDoSのおそれ
モバイルアプリの脆弱性診断サービス - インテック
IoT向け組込OS「AWS FreeRTOS」に複数脆弱性 - コード実行のおそれ
「Symfony」のフォームコンポーネントに脆弱性 - アップデートがリリース
「Adobe Acrobat/Reader」のアップデート、12月11日にリリース予定
ウェブフィルタリング製品「i-FILTER」に複数脆弱性
Apple、「iOS 12.1.1」をリリース - 脆弱性20件を修正
オムロンの制御機器向けツールパッケージに複数脆弱性
「Chrome 71」がリリース、脆弱性など43件を修正 - 不正広告対策も
再び「Adobe Flash Player」が緊急アップデート - すでに脆弱性の悪用コード流通