Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

定例外パッチで修正されたIE脆弱性への攻撃が発生中 - 複数日本語サイトに不正スクリプト

日本IBMのTokyo SOCは、1月15日の定例外パッチ「MS13-008」で修正されたInternet Explorerの脆弱性に対する攻撃が発生しているとして、注意を呼びかけている。

同社によれば、日本語で提供されている複数のウェブサイトで、脆弱性を悪用するドライブバイダウンロード攻撃が仕掛けられていることを確認したという。

こうした不正スクリプトが含まれるウェブサイトへ、脆弱性が含まれるIEでアクセスすると、遠隔より操作できる機能を備えたマルウェアへ感染するおそれがある。

同社は日本国内のユーザーが狙われており、引き続き注意が必要であると指摘。更新プログラムの適用や、脆弱性の影響を受けないIE 9以降へアップロードするなど、対応を講じるよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2013/01/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
「Flash Player」へのゼロデイ攻撃、「BlackOasis」が関与か - 「FinFisher」感染狙い
MS、定例外でセキュリティ修正パッチを公開 - 「Outlook」の脆弱性や不具合へ対処
MS、国家関与などで脅威高まる脆弱性を公表 - 旧OSにパッチ供給、ゼロデイ脆弱性にも対応
MS製マルウェア対策エンジンに深刻な脆弱性 - 今月2度目の定例外アップデートで修正
「IE」「Edge」にパッチ未提供の脆弱性 - 90日経過でGoogleが公開
MS、定例外の修正パッチを急遽リリース - Adobe Flash Playerの脆弱性に対処
10日間以上の長期休暇の企業も - GW前にセキュリティ対策の確認を
IEゼロデイ脆弱性、水飲み場攻撃で利用される - 通信先は韓国
IEゼロデイ脆弱性による水飲み場攻撃、香港の教会がターゲットに