Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

定例外パッチで修正されたIE脆弱性への攻撃が発生中 - 複数日本語サイトに不正スクリプト

日本IBMのTokyo SOCは、1月15日の定例外パッチ「MS13-008」で修正されたInternet Explorerの脆弱性に対する攻撃が発生しているとして、注意を呼びかけている。

同社によれば、日本語で提供されている複数のウェブサイトで、脆弱性を悪用するドライブバイダウンロード攻撃が仕掛けられていることを確認したという。

こうした不正スクリプトが含まれるウェブサイトへ、脆弱性が含まれるIEでアクセスすると、遠隔より操作できる機能を備えたマルウェアへ感染するおそれがある。

同社は日本国内のユーザーが狙われており、引き続き注意が必要であると指摘。更新プログラムの適用や、脆弱性の影響を受けないIE 9以降へアップロードするなど、対応を講じるよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2013/01/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Flash Player」狙いのゼロデイ攻撃、3カ月前から準備か - 給与関連書類を偽装、C&Cは偽求人サイト
Adobe、Photoshopなど複数製品にセキュリティ更新
「SMBv3」の脆弱性判明以降、探索行為が増加
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - 3月17日に定例外パッチ
MSが定例外アップデート、「SMBv3」処理の脆弱性を解消
「Adobe Media Encoder」などに深刻な脆弱性 - 定例外で更新
Pulse Secureの既知VPN脆弱性、ランサムウェアの標的に
【訂正あり】「SharePoint」に任意のファイル取得される脆弱性 - 月例パッチで修正済み
Adobe、「AEM」「Download Manager」に脆弱性 - 定例外パッチ公開
「Adobe Acrobat」「Adobe Reader」の定例外更新 - まもなく公開予定