Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Java SE 7」に未修正の脆弱性 - ゼロデイ攻撃発生中

「Java SE 7」に未修正の脆弱性が存在していることがわかった。ゼロデイ攻撃も発生しており、セキュリティ専門機関やベンダーが注意を呼びかけている。

脆弱性情報サイト「JVN」によれば、今回明らかになった「CVE-2013-0422」は、「JDK 7」「JRE 7」において、サンドボックスを回避され、任意のコードを実行されるおそれがある脆弱性。

ウェブ経由でブラウザにJavaアプレットを読み込ませたり、ファイルを直接開いた場合に攻撃を受けるおそれがある。すでに悪用コードが流通しており、攻撃が確認されている。

今回の問題を受け、NTTデータ先端技術では実際にシステムを用いて脆弱性について検証を実施。再現性を確認した。攻撃は容易であり、システム与える影響も大きいという。

1月11日の時点で、脆弱性を修正するアップデートは提供されておらず、最新セキュリティ対策ソフトの利用や、不必要なウェブへのアクセスを避けるといった基本的な対策にくわえ、ウェブブラウザの「Javaプラグインを無効にする」など、回避策の実施を呼びかけている。

(Security NEXT - 2013/01/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「BIND 9」にリモートより悪用可能な脆弱性 - アップデートがリリース
「Chrome 74」がリリース、脆弱性など39件を修正
「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性
業務支援ツール「Confluence」にあらたな脆弱性 - 既知脆弱性の悪用被害も
ゼロデイ攻撃への悪用目立つ「権限昇格の脆弱性」
複数「VPNアプリ」に「Cookie」窃取されるおそれ - 一部ベンダーは反論
研究者が最新版IEの脆弱性を指摘 - 修正予定なく、実証コードが公開へ
Oracle、四半期定例アップデートを公開 - 脆弱性297件を修正