Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

複数セキュリティベンダーでJSSECのサイトを誤検知

日本スマートフォンセキュリティ協会(JSSEC)のウェブサイトが、一部セキュリティベンダーにより誤って危険なサイトとして登録され、一時警告表示される状態が発生した。すでに問題がないことが確認されている。

12月11日に同協会のサイトが、トレンドマイクロやパロアルトネットワークスのセキュリティ対策サービスで「有害コンテンツ」の配布サイトとして誤って登録されたもの。

同協会では、警告表示を受けてウェブサイトの公開を一時停止。確認したところ誤りであることが13日に判明し、14日より公開を再開している。

(Security NEXT - 2012/12/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

エフセキュア、法人向けエンドポイント製品に新版 - 「ディープガード」に機械学習を応用
「ウイルスバスター」に新版 - 機械学習と従来技術併用の強みを強調
NEC、AIを活用した脅威分析システムをセキュリティ監視サービスに導入
Webrootで誤検知が発生、13分後に修正 - 影響範囲など調査中
MS検証ツールにゼロデイ脆弱性、セキュリティ対策ソフトの制御奪取に悪用可能
CTC、機械学習を活用するSentinelOne製EDRを国内で販売
アズジェント、イスラエル製のIoT機器向け組込セキュリティソフトを取扱開始
トレンド、機械学習と既存技術を組み合わせた「XGen Endpoint Security」
一部アプリがカスペルスキー製アプリをマルウェアと誤検知
「Yahoo!ツールバー」がアップデート - マルウェア判定問題に対応