Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ドコモ、法人契約のiモードとスマホを一元管理できるサービス

NTTドコモは、法人契約の携帯電話を遠隔から一元管理できるサービス「ビジネスmoperaあんしんマネージャー」のスマートフォン向けオプション機能を、12月19日より提供開始する。

同サービスは、法人契約の携帯電話を専用サイトで一元管理できるもので、2006年からiモード端末向けに提供しており、今回、スマートフォン向けの機能を拡充した。iモード端末との一元管理に対応する。

スマートフォン向けに提供する機能は3種類。紛失時に端末や外部記録媒体のデータを初期化する「遠隔初期化機能」をはじめ、端末を定期的に監視し、通信が途絶えている状態の端末や登録時と設定の異なる端末があった場合、管理者へ通知をする「セキュリティレポート」、spモードやWi-Fiの各種設定を管理者が遠隔で行う「各種spモード設定」を利用できる。

対応機種は、2012年夏モデル以降のスマートフォンおよびタブレット。価格は基本料金が月額1050円。スマートフォン向け機能は無料となっている。

(Security NEXT - 2012/12/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

子どものスマホ安全対策、約半数が利用せず - 有料アプリ利用は4.6%
スマホアプリとマイナンバーカードによる本人確認サービス - 凸版印刷
「Android アプリセキュアコーディングガイド」の新版が公開 - 「Android 9.0」に対応
PCカメラでの盗撮を物理的に防御、スライド式カバーが発売
携帯キャリアの「+メッセージ」に脆弱性 - アップデートが公開
DNPとNEC、生体認証分野で協業 - 顔認証の本人確認アプリ
ネットユーザーの6割弱がバックアップ未実施 - 復旧予算は5000円以下が8割
7月は不正広告を表示するJavaScriptが1.7倍 - 新亜種が次々開発
宅配便不在通知を偽装したSMS、7月中旬より相談急増
広告機能のみのアプリが「Google Play」で流通 - 紹介ページにある魅力的な機能はデタラメ