Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ドコモ、法人契約のiモードとスマホを一元管理できるサービス

NTTドコモは、法人契約の携帯電話を遠隔から一元管理できるサービス「ビジネスmoperaあんしんマネージャー」のスマートフォン向けオプション機能を、12月19日より提供開始する。

同サービスは、法人契約の携帯電話を専用サイトで一元管理できるもので、2006年からiモード端末向けに提供しており、今回、スマートフォン向けの機能を拡充した。iモード端末との一元管理に対応する。

スマートフォン向けに提供する機能は3種類。紛失時に端末や外部記録媒体のデータを初期化する「遠隔初期化機能」をはじめ、端末を定期的に監視し、通信が途絶えている状態の端末や登録時と設定の異なる端末があった場合、管理者へ通知をする「セキュリティレポート」、spモードやWi-Fiの各種設定を管理者が遠隔で行う「各種spモード設定」を利用できる。

対応機種は、2012年夏モデル以降のスマートフォンおよびタブレット。価格は基本料金が月額1050円。スマートフォン向け機能は無料となっている。

(Security NEXT - 2012/12/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Intel Crosswalk Projectに脆弱性 - 不正証明書を許可すると以降検証せず
【特別企画】アンケートから見えたスマホネイティブ若年層の課題 - 専門家が報告
セキュリティ機能を回避する「GLitch」攻撃が明らかに - 一部スマホでPoCが動作
【特別企画】スマート家電のセキュリティ実情と課題、専門家が講演
2018年1Qの不正アクセス届出は11件、7件で被害 - 「不正ログイン」相談は52件
「情報セキュリティハンドブックアプリ」にiOS版 - GWのトラブル回避に活用を
2018年1Qの脆弱性届出は138件 - 前四半期から倍増
トラフィック解析して不正な通信を遮断する家庭向けWi-Fiルータ
【特別企画】改訂重ねる「Androidセキュアコーディングガイド」、最新版のポイントをキーマンが解説
国内のMirai亜種感染機器からの通信が3月に増加 - 背景に「akuma」