Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「McAfee Mobile Security」が機能強化 - アプリの不正利用対策を搭載

マカフィーは、Android搭載のスマートデバイス向けセキュリティ対策ソフト「McAfee Mobile Security」の最新版を提供開始した。

同製品は、Androidを搭載したスマートフォンやタブレットにおいて、マルウェア対策、不正サイト対策、端末の盗難および紛失対策などのセキュリティ機能を実現するソフトウェア。最新版では、アプリのロック機能を搭載。特定のアプリをPINによりロックし、使用を制限できる。

またユーザーインターフェースを一新し、同社の他製品と操作性を統一。そのほか、バッテリー使用率の改善やファイルサイズの圧縮、マルウェア対策機能の向上に取り組んだ。価格は2980円。既存ユーザーは無償でアップデートできる。

(Security NEXT - 2012/12/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Android」が「FIDO2」をサポート - 10億台以上の端末が対応
IoT製品のファームウェア用脆弱性調査ツール - ソースコードに非依存
公衆Wi-Fi利用者向けVPNサービスに固定IPオプション - ALSI
アンラボ、スマートデバイス向けに情報保護アプリ
マルチOS環境で利用できる指紋認証搭載USBメモリ - PQI Japan
モバイルアプリの脆弱性診断サービス - インテック
個人向けESET製品でモニターキャンペーン
BBSS、ネット詐欺対策ソフトに新版 - Androidアプリ内ブラウザで利用可能に
カスペ、小規模オフィス向け製品に新版 - ファイルサーバの対策機能など強化
マカフィー、個人向け製品に新版 - パフォーマンス向上や家族向け機能