Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネット詐欺が活発な年末年始の長期休暇 - FacebookやTwitter上のリンクに注意を

クリスマスから年末年始にかけて長期休暇に向け、オンラインショップでプレゼントなどを購入する機会が増えるとして、マカフィーでは注意を呼びかけている。SNSを悪用するケースも想定されている。

同社によれば、2012年はおもに12種類のオンライン詐欺が横行したという。「ソーシャルメディア詐欺」では、FacebookやTwitterを悪用。

人気ギフトや特別な値引きを紹介したリンクには、不正なものが存在し、個人情報を盗み出そうとする不正サイトに誘導しようとするケースがあると私的する。「いいね!」や短縮URLのクリックにも十分な注意が求められる。

「iPhone」や「iPad mini」といった人気商品を無料でプレゼントするといった内容にも危険が潜む。不正サイトへの誘導や、偽オンラインギフトカード、ウイルスが仕込まれたグリーティングカードもクリスマスシーズンに目立つという。

このほか、不正なモバイルアプリや旅行詐欺、Skypeを利用した詐欺、SMSによるフィッシング攻撃、偽ネット通販業者などへ注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2012/12/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

警察庁把握の標的型攻撃メール、前期から半減するも高水準 - 「Excelファイル」が約半数
7月は不正広告を表示するJavaScriptが1.7倍 - 新亜種が次々開発
Pマーク、2017年度の事故報告は2399件 - 4件に1件は「メール誤送信」
2018年2Q、攻撃検知数が前期比20.9%増 - カスペまとめ
2017年4Q、不正送金マルウェアが1.6倍に - 年初の70倍
2018年2Q、TCP 80番ポート宛てのパケットが増加 - 「Mirai」影響で
約2割の企業がサイバー犯罪被害 - 国内では知財被害目立つ
2018年2Qの「標的型攻撃メール」は43件 - 「CVE-2017-11882」の悪用目立つ
不正送金マルウェア「Ursnif」の検出が急増 - コインマイナーは大幅減
ビジネスパーソンの3割が「ランサムウェア」を認知 - 内容理解は1割強