Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

キヤノン電子、ホワイトリストやyarai連携でマルウェア対策を強化した「SML」新版

キヤノン電子は、Windows向けにセキュリティ対策ソフト「SMLセキュリティスイート」と「SMLセキュリティスイート with FFR yarai」を2013年1月より提供開始する。

「SML セキュリティスイート」は、従来より提供している「SML(Security Management with Logging)」の機能強化版。操作ログの記録、ウェブアクセスの制御、デバイスの制限にくわえ、あらたにホワイトリスト方式によりコンピュータを制御する機能を追加した。

同機能により、あらかじめ設定したアプリケーションや外部への通信のみ許可を与え、マルウェアや不正アプリの実行を制限できる。また運用の負担を軽減するため、システム更新やセキュリティパッチ適用による構成変化を自動で判別し、ホワイトリストを生成する機能を用意した。

さらに「SMLセキュリティスイート with FFR yarai」では、フォティーンフォティ技術研究所の「FFR yarai」との連携を実現。未知のマルウェアや脆弱性に対する攻撃を防御できる。また「PC操作記録」機能との連携により、マルウェアの挙動や侵入経路を調査できる。

(Security NEXT - 2012/12/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ブロックチェーンを活用したIoT機器のプロビジョニングシステム
過去のログイン情報でなりすましを防ぐ「リスクベース認証」の新版 - Capy
デジタルアーツ、iOS向けにフィルタリングアプリ - Safariなど全アプリに対応
アシスト、Ericom製アイソレーション製品を提供 - 「VOTIRO」をビルトイン
ランサム対策機能を実装できるSDK - セキュアブレイン
深層学習によるマルウェア対策「Deep Instinct」 - 「セキュリティ分野で世界初」と他社をけん制
丸紅情シス、GEデジタルの制御システム向けセキュリティサービスを国内展開
マクニカネット、蘭SecurityMatters製の制御システム向けセキュリティソリューション
KDDI、法人向けMDMでスマホ用ウェブフィルタオプション
カスペ、Windows用セキュリティ製品に新版 - サーバでもアプリ実行制御が可能に