Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

用地買収関連の個人情報が記載された書類を紛失 - 国交省

国土交通省関東地方整備局の職員が、個人情報114件が記載された書類を電車内で紛失していたことがわかった。

同省によれば、11月29日9時ごろ、国庫補助事業の検査官が検査開場へ向かう出張中に、JRの車内で書類を紛失したもの。書類には、地方公共団体が国庫補助事業で実施した道路工事にともなう用地買収の関連情報が記載されていた。

また買収相手の氏名や路線名、買収箇所、用地補償費の国費充当額など、114人分の個人情報が含まれる。同省では、警察や交通機関に紛失を届け、対象となる関係者に報告と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2012/12/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

8100人分の個人情報入りUSBメモリが所在不明 - 海城中高
PCを電車内で紛失、顧客情報含む可能性 - 医療系人材派遣会社
市立病院で患者情報含むUSBメモリを紛失 - 横浜市
取引先関係者の個人情報含むスマホを紛失 - 日本金属
個人情報が保存されたノートPCが所在不明 - NICT
学生の個人情報含む書類やPCを紛失 - ニトリ
顧客情報含むPCを電車に置き忘れ紛失 - ヤマハ
中学校卒業生の成績データ含むUSBメモリを紛失 - 岡山市
職員が県税関連の書類を鞄ごと紛失 - 広島県
小学校教職員のマイナンバー含む書類が所在不明 - 横浜市