Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

HTC、SNSへの不用意な書き込みを防止する啓発用小冊子を発売

ハイテクノロジー・コミュニケーションズは、非正規従業員によるSNSへの不用意な書き込みを防止するためのコンプライアンス意識啓発用小冊子「コンプライアンス事件簿 SNS編」を販売開始した。

同冊子では、アルバイトやパートなどの非正規従業員に対し、SNSへの不用意な書き込みがもたらす危険性について解説、コンプライアンス意識を高める。

「有名人の来店情報が炎上を招いた!」「調子に乗って悪口を書き込んだら……?」など、過去に発生したコンプライアンス違反の事例を参考に、具体的な違反行為とその結末が1ページ完結の読み物としてまとめた。

A5版12ページで、価格は100部から500部購入の場合1冊あたり147円。600部から1000部では1冊あたり123円。

(Security NEXT - 2012/11/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ネットサービス事業者による個人情報収集に76%が「懸念」 - 公取委調査
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
ゼロデイ攻撃への悪用目立つ「権限昇格の脆弱性」
JR東日本「列車運行情報アプリ」用APIサーバに脆弱性 - アプリの削除を
NZ銃乱射事件に便乗するマルウェア拡散やフィッシング詐欺に注意を
認証サービス「ID Federation」がFIDO対応 - NTTコム
「不正ログイン」の相談、前四半期比66.2%増 - 調査開始以降最多
2018年「セキュリティ10大脅威」 - 注目高まる「サプライチェーン攻撃」
ホスティングサービスに不正アクセス、約5000サイトが改ざん - 利用者CMS経由でOS侵害
政府がセキュ月間で「約ネバ」とタイアップ - 「抗え。この世界(インターネット)の脅威に。」