Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

HTC、SNSへの不用意な書き込みを防止する啓発用小冊子を発売

ハイテクノロジー・コミュニケーションズは、非正規従業員によるSNSへの不用意な書き込みを防止するためのコンプライアンス意識啓発用小冊子「コンプライアンス事件簿 SNS編」を販売開始した。

同冊子では、アルバイトやパートなどの非正規従業員に対し、SNSへの不用意な書き込みがもたらす危険性について解説、コンプライアンス意識を高める。

「有名人の来店情報が炎上を招いた!」「調子に乗って悪口を書き込んだら……?」など、過去に発生したコンプライアンス違反の事例を参考に、具体的な違反行為とその結末が1ページ完結の読み物としてまとめた。

A5版12ページで、価格は100部から500部購入の場合1冊あたり147円。600部から1000部では1冊あたり123円。

(Security NEXT - 2012/11/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

消費者の7割「情報漏洩が発生した企業との取引をやめる」 - 9割超が法的措置検討
カスペ、Android用セキュリティ対策製品 - アプリロック機能追加
YouTuberの広告審査や素行を監視するサービス - イー・ガーディアン
政府、「サイバーセキュリティ国際キャンペーン」 - ASEAN諸国と連携
4社に1社が個人端末を業務利用、4割がルールなし
闇市場に「フェイクニュース」作成拡散サービス - 「いいね!」1000件が約2円から
実在組織名用いたメール攻撃訓練でトラブルのおそれも - IPAが注意喚起
子どもの4人に1人がSNSでトラブル - 不正ログインや架空請求も
「LINE」装うフィッシング攻撃に注意 - 複数サイトが確認される
2016年のフィッシング報告数、微減となるも1万件超 - 悪用被害ブランドが1.6倍に