Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

PC版「LINE」の不具合、利用者86人に影響 - 原因はシステム更新時の不具合

NHN Japanは、10月31日にパソコン版「LINE」で発生した不具合について、影響範囲や原因について公表した。

同社によれば、不具合が発生したのは同日18時55分から約5分間で、メッセージが混線しランダムに表示される事象が発生。これにより、利用者86人において、メッセージが本来の送信先と異なる別の利用者に届いた。日本国内では12人に影響があったという。

同社では原因について、システム更新時の不具合と説明しており、再発防止に取り組むとともに、対象利用者へ500円分の金券を送付して謝罪するとしている。

(Security NEXT - 2012/11/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

雑貨通販サイトでシステム不具合 - 顧客情報の誤表示など発生
クレカ業界誌のECサイトに不正アクセス - クレカ情報など流出
タレントグッズ通販ショップ、2014年の顧客情報漏洩が明らかに
ソニーに不正アクセス、他社アカウント情報用いた「なりすまし攻撃」 - 有効アカウント9万3000件が一致
ジュエリー販売サイトに不正アクセス - 顧客情報最大20万件が流出か
マンガ作家の個人情報含むPCとスマホを紛失 - NHN PlayArt
ジュニアチーム応募者の個人情報をスタッフがLINE送信 - J2モンテディオ山形
LINEが「NAVER」の不正アクセス犯を海外警察と連携して特定 - 「立会いのもとデータを削除した」
不正アクセスで「NAVERアカウント」169万件が漏洩 - 「LINE」への影響は否定
古着通販サイト「RAGTAG」に不正アクセス - 約3万人分のメアドやPWが流出