Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Apple、「iOS 6.0.1」で深刻な脆弱性を修正 - パスコード入力を回避できるPassbookの問題など解消

Appleは、「iPhone」や「iPad」向けに提供している「iOS」において、複数の脆弱性を修正するアップデート「iOS 6.0.1」を公開した。

今回のアップデートは、4件の脆弱性に対応したもので、カーネルにおいて、細工されたアプリがアドレスを決定できる不具合や、物理的にアクセスできる端末に対し、パスコードを入力することなくPassbookへアクセスできる脆弱性を解消した。

またWebKitでは、攻撃者によって細工されたサイトへアクセスした際、不正にコードを実行されるおそれがある2件の脆弱性を修正した。

(Security NEXT - 2012/11/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
フィッシングはURL、ブランドいずれも悪用増加 - iOSで構成変更させる手口も
Apple、「iOS 12.2」をリリース - 脆弱性50件を修正
フィッシングサイトへ誘導されたユーザー、1年で2.5倍に
フィッシングが増加、報告数が8カ月ぶりに2000件超 - サイトの約半数はHTTPS対応
「macOS Mojave 10.14.3」向けに補完的なアップデート
「グループFaceTime」脆弱性も修正された「iOS 12.1.4」がリリース
2018年1月のフィッシング攻撃、報告やURLは減少するも高水準
「macOS Mojave 10.14.3」や旧OSのセキュリティ更新がリリース - 「Safari 12.0.3」も
Apple、「iOS 12.1.3」を公開 - 脆弱性31件を修正