Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

標的型攻撃で初動対応できるマルウェア解析技術者を育成するサービス

セキュアブレインは、マルウェア解析を行える人材を短期間で育成するトレーニングサービスを提供開始した。Windowsにくわえ、Android向けのコースも開設する。

同サービスは、組織が標的型攻撃を受けた際、初動対応できるようマルウェア解析の知識を持った技術者を2日間の日程で育成するサービス。セキュリティベンダーより駆除ツールが提供されるまで適切な対応が取れず、対策に遅れが生じる組織があることから同サービスを開発した。

「Windowsマルウェア解析技術者養成コース」では、ツールを用いた「ブラックボックス手法」により、マルウェアの構造や機能の分析、レジストリやファイルへのアクセス状況、ネットワークの挙動などを学ぶことが可能。サンプルを用いた実習も行う。

一方、「Androidマルウェア解析技術者養成コース」では、「Android」のセキュリティモデルや、Androidアプリの概要、解析環境の構築、表層解析などを学ぶことができる。受講にはLinuxのコマンドラインによる操作やJava言語の基本的な知識、Androidアプリ作成経験が必要。

いずれも2日間の日程で料金は1名あたり31万5000円。また「Windowsマルウェア解析技術者養成コース」については別途4日間のコースも提供する。

(Security NEXT - 2012/10/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに
Office数式エディタに対する脆弱性攻撃 - サンドボックス回避のおそれも
中国「APT10」による国内メディア狙った標的型攻撃 - 外交問題関連ファイルを偽装
顧客へのアクセス権限持つMSP、APT攻撃の標的に - 米政府が警鐘
38%の企業がセキュリティ投資を増額 - それでも65%は「不足」
警察庁把握の標的型攻撃メール、前期から半減するも高水準 - 「Excelファイル」が約半数
【特別企画】セキュリティクイズ 標的型攻撃なのに「ばらまき型」? 警察庁の定義とは
対応コストともなう「サイバー攻撃」「内部犯行」、43.9%が経験
拡張子「.iqy」ファイルに注意 - 数十万件規模でマルウェアメールが流通
「Trend Micro CTF 2018」が開催 - 9月に予選、決勝は12月