Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソフトイーサ、通信やプロセスをログとして保存するフリーウェア

ソフトイーサは、パソコンにおけるプロセスの起動状況や通信状況を、端末内にログとして保存するフリーウェア「パケット警察 for Windows」を公開した。同社サイトより無償でダウンロードできる。

同製品は、パソコンの通信記録やソフトウェアの起動状況をログとして簡易的に保存できるソフトウェア。ウイルス感染などの際、ウイルスの起動状況や外部との通信記録などログを参照できる。

同社では、ウイルス感染者が犯人と誤って逮捕された事件により、不安が高まっているとして、通信記録やソフトウェアの起動記録などが残る同製品を開発、公開したという。

(Security NEXT - 2012/10/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

IIJ、「Black Hat」でトレーニングを提供 - 4日間で100以上の演習
カスペ、法人向けエンドポイント製品に新版 - 共有フォルダの暗号化防止機能など追加
ALSI、シンプルに利用できるファイル暗号化製品
ドメイン管理にメールによる追加認証をオプションで提供 - GMO
セキュリティエンジニア育成に特化した4年制専攻 - OCA大阪デザイン&IT専門学校
セキュリティ専門家のノウハウを機械学習、SOCに活用 - SBT
ウェブやメールのフィルタリングをクラウド展開 - デジタルアーツ
ラテラルムーブメントなど普段と異なる行動を検出する新製品 - マカフィー
EGセキュア、スマホアプリ向けに脆弱性診断 - サーバのAPIにも対応
個人データ侵害時におけるGDPRの報告書作成を支援 - PwC