Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

KCCS、「LanScopeシリーズ」を展開するMOTEXを子会社化

京セラコミュニケーションシステム(KCCS)は、「LanScopeシリーズ」などを開発、販売するエムオーテックスの全株式を取得し、子会社化すると発表した。すでに株式の売買契約を締結しており、11月5日に子会社化が完了する。

これまでKCCSでは、脆弱性診断、改ざん検知、マルウェア検知などセキュリティ事業を展開しているが、IT資産管理や情報漏洩対策、内部統制分野の製品を展開するエムオーテックスを子会社化することにより、内外の脅威に対応したトータルセキュリティソリューションを展開する。

具体的には、両社の既存顧客に対して双方の製品を提供し、事業を拡大する予定。また市場が拡大しているスマートフォンやタブレット端末をターゲットとしたサービスの提供や、海外市場への展開を視野に入れ、4年後にセキュリティ事業において100億円の売上を目指すとしている。

(Security NEXT - 2012/10/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

KCCS、「Netskope」や「Darktrace」などを活用した脅威監視サービス
診断サービスを拡充、新ブランド「SecureOWL」を展開 - KCCS
ウォッチガード、小規模環境向けUTMを発売 - 京セラDSJから複合機一体モデルも
KCCS、BYODをサポートするリモートアクセスサービス
UTMのセキュリティレポートを複合機で出力できるソリューション
KCCS子会社、中国現地法人向けにネットワーク脆弱性診断サービス
KCCSとウォッチガードが協業 - UTM製品や脆弱性診断サービスを展開
KCCS、IPあたり年間8400円で利用できる脆弱性診断サービス
KCCS、サーバセキュリティ製品「Trend Micro Deep Security」を取扱開始
KCCS、海外グループ企業サイトの脆弱性を診断する新サービス