Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

BIGLOBE、メールサービスにURLの安全性チェック機能をトライアルで追加

BIGLOBEは、同社メールサービス「BIGLOBEメール」において、メール本文内に記載されたURLの安全性を診断する「URL安全チェック」をトライアルとして導入した。

同機能は、本文中に記載されたURLにマウスオーバーすることで、フィッシング攻撃やマルウェア感染サイトなど、リンク先に問題がないかポップアップによるアイコンやメッセージで確認できるサービス。同機能を提供するにあたり、アルプスシステムインテグレーション(ALSI)とマカフィーのエンジンを採用した。

今回のトライアルは、2013年4月1日まで実施する予定で、期間中は無償で利用できる。同社では、トライアルの結果を元に一層セキュリティを強化し、利便性向上を図りたいとしている。

(Security NEXT - 2012/10/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

子どものスマホ安全対策、約半数が利用せず - 有料アプリ利用は4.6%
ウォッチガード、UTM向けに新版OS - Cylanceのマルウェア対策エンジンを採用
Mac向けセキュリティ対策ソフトの新版 - カスペルスキー
「GUARDIANWALLシリーズ」に新版 - キヤノンITS
「Chromebook」利用の教育機関向けにウェブフィルタリングサービス
ウェブやメールのフィルタリングをクラウド展開 - デジタルアーツ
フィルタリング製品「GUARDIANWALLシリーズ」の新版を発売 - キヤノンITS
トレンドと警視庁、子どものインターネット被害防止で契約締結
ALSI、クラウド型ゲートウェイサービスにマルウェア対策を追加
「アカウントの資金を凍結」 - 仮想通貨取引所「bitbank」かたるフィッシング