Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ドラクエXで取材を装い個人情報の聞き出す不正行為 - RMTの助長も

スクウェア・エニックスは、オンラインゲーム「ドラゴンクエストX」で、ライターを名乗るキャラクターにより、取材と称してプレイヤーの個人情報を聞き出す行為が発生しているとして、注意を呼びかけている。

運営チームによれば、問題の人物が操作するキャラクターはライターを名乗り、RMTの取材と称してゲーム内通貨である「ゴールド」と引き替えに複数のプレイヤーへ接触。話を聞く際にプレイヤーや知人の氏名、電話番号、年齢など個人情報を聞き出していた。

話しかけたプレイヤーがRMTについて知らないと、RMTによって多額の現金が稼げると教えるなど、同社が禁止するRMTの助長行為も行っていたという。これら行為はゲーム内のログ解析により判明したもので、同社は同アカウントに対して懲戒処分を実施した。

今後不審な行為を行っているキャラクターを見つけた場合はゲーム内から通報するよう呼びかけるとともに、個人情報をほかのプレイヤーに教えないよう注意を喚起している。

(Security NEXT - 2012/09/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「剣と魔法のログレス」利用者アカウントの不正売買、27件が被害
「剣と魔法のログレス」で開発企業の従業員が逮捕 - RMTに利用者アカウント
SECCON予選も佳境 - 横浜大会ではルート化禁止できないゲーム業界の裏事情も
RMT狙いのマルウェア新種2種が上位にランクイン - フォーティネット調査
JOGA、オンラインゲーム業界向けガイドラインを改定 - 課金問題やRMT対策盛り込む
「GREE」、RMT対策を強化 - 有人チェック体制や違反者のアカウント停止など
「リネージュ2」への不正アクセスで逮捕者 - ツールにウイルス仕込みアカウント窃取
14件の脆弱性を解消したFirefox最新版 - Windows版やMac版特有の脆弱性にも対応
RMT事業者のウェブサイトが改ざん - 閲覧でウイルス感染のおそれ
他利用者に騙されウイルス感染、偽運営者によるアカウント詐取 - IPAがネットゲーム利用者へ注意喚起