Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネット犯罪描いたサスペンス映画「サイバーゲドン」がネット公開

米Yahoo!は、ネット犯罪をテーマとした映画「サイバーゲドン」を9月25日より公開する。世界同時公開で日本語は字幕により楽しめる。

120925sy_01.jpg
サイバーゲドン

同映画は、FBIエージェントや投獄中の大物ハッカーが、一見関連性のない膨大なサイバー攻撃の調査を進めていくサスペンス。

監督はディエゴヴェラスコ氏。「CSI:科学捜査班」シリーズの制作総指揮者であるアンソニーEズイカー氏らがエグゼクティブプロデューサーを務めた。また製作にあたっては、シマンテックが情報を提供している。

今回世界25か国以上で同時公開される予定で、国内ではヤフーと子会社GyaOが協力し、無料映像配信サイト「GyaO!」で提供する。3日間連続で1日3話ずつ視聴できる。

(Security NEXT - 2012/09/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
「ディズニーランド入場券が当選」 とだますマルウェアメール - 不自然な日本語に中国語も
警視庁と仮想通貨取引所10社、サイバー犯罪の対処で協定
セキュリティ対策の注意喚起メールが実はマルウェアメール - 実在するアナウンスを盗用
ギフト券30万円分の受注に見せかけたマルウェアメールが流通
金融機関や物流事業者名乗るマルウェアメールに注意を
Cisco、インターポールと脅威情報を共有 - サイバー犯罪対策で
約6割が「インターネット空間」に犯罪の不安感じる
銀行装うマルウェア感染メールに注意 - 法人向けの文面なども