Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネット犯罪描いたサスペンス映画「サイバーゲドン」がネット公開

米Yahoo!は、ネット犯罪をテーマとした映画「サイバーゲドン」を9月25日より公開する。世界同時公開で日本語は字幕により楽しめる。

120925sy_01.jpg
サイバーゲドン

同映画は、FBIエージェントや投獄中の大物ハッカーが、一見関連性のない膨大なサイバー攻撃の調査を進めていくサスペンス。

監督はディエゴヴェラスコ氏。「CSI:科学捜査班」シリーズの制作総指揮者であるアンソニーEズイカー氏らがエグゼクティブプロデューサーを務めた。また製作にあたっては、シマンテックが情報を提供している。

今回世界25か国以上で同時公開される予定で、国内ではヤフーと子会社GyaOが協力し、無料映像配信サイト「GyaO!」で提供する。3日間連続で1日3話ずつ視聴できる。

(Security NEXT - 2012/09/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2017年の新種ランサムウェア、前年比62%増 - 「WannaCrypt」検出、日本は2位
「シンガポール支店」開設で海外事業を拡大 - ラック
わずか6グループで偽ショッピングサイト2万件を設置 - APWGも脅威として定義追加へ
【特別企画】アンケートから見えたスマホネイティブ若年層の課題 - 専門家が報告
NTT、DNSによるブロッキングを準備 - 「政府決定にもとづく対応」強調
会員13万人以上の低価格DDoS攻撃サービスが検挙 - 1カ月約2000円、攻撃は400万回以上
LINE、捜査機関開示要請の76%に対応 - 不正アクセス関連は1%
研究者が注目した「10大脅威」、具体的な手口や対策は? - IPAが解説資料
データ漏洩7割がクラウド設定ミスに起因、ランサム被害は80億ドル超 - IBM調査
「発注書」「請求書」など偽装するマルウェアメール - 年度替わりの時期、特に注意を