Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネット犯罪描いたサスペンス映画「サイバーゲドン」がネット公開

米Yahoo!は、ネット犯罪をテーマとした映画「サイバーゲドン」を9月25日より公開する。世界同時公開で日本語は字幕により楽しめる。

120925sy_01.jpg
サイバーゲドン

同映画は、FBIエージェントや投獄中の大物ハッカーが、一見関連性のない膨大なサイバー攻撃の調査を進めていくサスペンス。

監督はディエゴヴェラスコ氏。「CSI:科学捜査班」シリーズの制作総指揮者であるアンソニーEズイカー氏らがエグゼクティブプロデューサーを務めた。また製作にあたっては、シマンテックが情報を提供している。

今回世界25か国以上で同時公開される予定で、国内ではヤフーと子会社GyaOが協力し、無料映像配信サイト「GyaO!」で提供する。3日間連続で1日3話ずつ視聴できる。

(Security NEXT - 2012/09/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「CODE BLUE」カンファレンスが開幕、1100人以上が参加 - 法律やブロックチェーンの講演にも注目
「CODE BLUE 2018」カンファレンスがまもなく開催 - 公式アプリも
ランサムウェア「GandCrab」に無料の復号ツール - 被害者は推計50万人
ネットで盗難被害のクレカ情報、目立つ「不正トラベル」への悪用
ゲーム形式のサイバー攻撃対策演習に「運輸版」 - カスペ
2018年上半期の情報開示要請1576件、76%に対応 - LINE
大阪府警、サイバー犯罪防止のイメージキャラクターに「ロックマン」
上半期のサイバー犯罪検挙、4183件 - 仮想通貨の不正送金が大幅増
「CODE BLUE」、基調講演にMikko Hyppönen氏ら招聘
深刻化するセキュリティ人材不足、金脈はゲーマーにあり?