Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、国内ユーザーを狙う情報詐取アプリに注意喚起 - セキュリティ対策アプリで検知できないことも

情報処理推進機構(IPA)は、8月に端末内のアドレス帳データを窃取するAndroidアプリをインストールさせようとする攻撃が多数観測されたとして、注意を呼びかけた。

スパムメールやSNSの書き込みにより不正アプリへ誘導する手口で、アプリは利用者の趣味やスマホの利便性向上など興味を持つ内容を装っている。いずれも日本語で作成されており、日本人をターゲットとした攻撃であることは明らかで、セキュリティ対策ソフトで検知できないケースもあった。

同機構では、被害に遭わないようAndroid向け公式マーケット「Google play」などを活用するよう推奨。アプリをインストールする前に、アクセス許可を求める内容を確認し、本来の機能とは関係ない許可を求めるなど不審な動きが見られる場合は、インストールの中止を検討するよう求めている。

また、セキュリティ対策アプリを導入し、最新の状態に保つことでマルウェアの侵入を未然に防ぐなどリスクを低減できるとして活用を呼びかけている。

(Security NEXT - 2012/09/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

デジタルアーツ、iOS向けにフィルタリングアプリ - Safariなど全アプリに対応
カスペ、Android用セキュリティ対策製品 - アプリロック機能追加
「VMware AirWatch」のコンソールなどに脆弱性 - アップデートが公開
シマンテック、エンドポイントに「おとり機能」を追加 - 複数のEDRオプションも
マカフィー、子どものスマホ見守りサービスを年内開始
マカフィー、コンシューマー向けに新版をリリース - クラウドによる機械学習を活用
2017年3Qの脆弱性登録は3695件 - 制御システム関連は99件
ノートン新版が登場 - 「ドラえもん」のような存在目指す
【訂正あり】無線LANの「WPA2」で盗聴や改ざん可能となる「KRACK」 - 多数機器に影響
カスペ、コンシューマー向け製品に新版 - OS再起動時の感染を防止