Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Oracle、ゼロデイ攻撃発生した「Java」の脆弱性に対応

Oracleは、「Java」に脆弱性が見つかった問題で、8月30日に4件の問題を修正したアップデートを公開した。

影響を受けるのは、「Java SE 7 Update 6」「同6 Update 34」および以前のバージョン。問題の脆弱性が悪用された場合、サンドボックスを回避され、任意のコードを実行されるおそれがある。

今回修正された脆弱性「CVE-2012-4681」については、すでに悪用コードが公開されており、ゼロデイ攻撃が発生している。細工した「Wordファイル」をメールの添付ファイルとして送り付ける標的型攻撃のほか、改ざんしたウェブページ誘導する攻撃への懸念が出ている。

同社では「同7 Update 7」「同6 Update 35」にて修正した。最新バージョンへアップデートを実施するよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2012/09/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「FreeBSD」にもTCP実装に脆弱性 - DoS攻撃受けるおそれ
複数のEC-CUBE向け決済モジュールに脆弱性 - 特定URLアクセスでコード実行のおそれ
「BIND 9」にDoS攻撃を受けるおそれ - アップデートがリリース
「BIND 9」が意図せずオープンリゾルバとなるおそれ - 設定の確認を
「Knot DNS」にアップデート、複数脆弱性へ対処
挙動から脆弱性や攻撃を検出する「DevSecOps」向けソリューション
Windows向け「VMware Horizon」に情報漏洩の脆弱性
複数のアイ・オー製ネットワークカメラに脆弱性
Linuxカーネルにリソース枯渇する脆弱性 - DoS攻撃受けるおそれ
「アタッシェケース」にディレクトリトラバーサルの脆弱性 - アップデートで修正